A級戦犯!班目春樹 枝野 細野豪志 子供を被曝させて半年 平然と国会9/28

A級戦犯ども!ウソはもういい。
今からでもいいから、”命”を救え!



班目委員長をはじめとする原子力村では100m Sv以下では「何の症状もあらわれない」という哲学をもとに基準を決めている。
食品の暫定基準500 Bq / kgなどとんでもない基準を最後に承認するのが彼らである。
この根本悪を追求しない限り永遠に日本人は食料や環境を通じて大量に被曝しつづけるだろう。


コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。