ガンマ線により芽の組織の細胞分裂を阻害することで発芽を抑制  放射線Q&A:放射線関係 | 放射線医学総合研究所から抹消された なぜ?

放射線照射 [編集]


Wikipediaより


放射線であるガンマ線を照射する方法がある。
コバルト60から放出される
ガンマ線により芽の組織の細胞分裂を阻害することで発芽を抑制する。
ジャガイモへの放射線照射は
 1972年厚生省(現厚生労働省)により認可されたが、
1974年1月から道の許可を得て北海道士幌町農業協同組合が
実施しているのみである。
なお、日本において放射線の食品照射が認められている食品は
ジャガイモだけである。

下記へのリンクは抹消された!なぜ?

放射線Q&A:放射線関係 | 放射線医学総合研究所


www.nirs.go.jp/rd/faq/radiology.shtml - キャッシュ
このジャガイモγ線を当てると発芽が収まり芽が出にくくなるため、保存期間を延ばすことができます。これは、生長点(一般に植物の茎および根の先端にあり、頻繁に細胞分裂が行われる部分。そのため放射線に弱い)に放射線があたることにより、生長点での ...

放射線医学総合研究所


放射線医学総合研究所
独立行政法人放射線医学総合研究所
(National Institute of Radiological Sciences(NIRS))は、
1957年昭和32年)に発足した放射線医学に関する総合研究所。
発足当時は科学技術庁所管の国立研究所。
平成13年に、文部科学省所管の独立行政法人に改組された。

あくまで研究機関であり、医療機関ではない。 

独立行政法人放射線医学総合研究所法第3条によれば、以下のとおり。

目的 [編集]

「放射線の人体への影響、放射線による人体の障害の予防、
診断及び治療並びに放射線の医学的利用に関する
研究開発(研究及び開発をいう。以下同じ。)等の業務を総合的に行うことにより、
放射線に係る医学に関する科学技術の水準の向上を図ることを目的とする。」
放射線の生体影響と放射線障害の診断・治療、社会的対策、放射線や
同位元素を用いた疾病の治療と診断などについての研究を行っていて、
総務部等の事務部門、人材育成課の養成部門の他、
以下の5つの研究センターが中心となり様々な放射線の影響や
放射線の利用についての研究活動をしている。
理化学研究所神戸研究所とともに、文部科学省が推進する分子イメージング研究プログラムの拠点として機能している。
  • 放射線防護研究センター:放射線の人体・環境への影響、その防護を目指した総合的な研究
  • 緊急被ばく医療研究センター:放射線による人体の障害に関する診断と治療に関する研究
  • 基盤技術センター:先端的な研究開発、実験動物の供給の他、研究設備の整備、安全業務

概要 [編集]

  • 所在
  • 理事長:米倉義晴
おそらく、放射線の有意義性を訴えようとしていたのだろう。
ジャガイモを”子ども”、
生長点を”成長細胞”
に置き換えれば、いかに放射線が危険なのかを訴える事になってしまうからだ!

”子ども(ジャガイモ)γ線を当てると細胞分裂(発芽)収まり
細胞分裂が起こりにくくなるため、

成長を抑制、無気力化(保存期間を延ばすこと)ができます。

これは、成長細胞(造血幹細胞){生長点(一般に植物の茎および根の先端にあり、

頻繁に細胞分裂が行われる部分。そのため放射線に弱い)}に

放射線があたることにより、生長点での ...


低線量被曝がそれ程、危険性がないのなら、堂々と効力を記載しておけばいい!



2:44から

放射能を噛みしめながら 9/10 小出裕章さん

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!