小学校の通学路に毎時3.35μsvが検出、通学路のためコーンで囲う措置! 二本松は、何もしない!


東日本大震災:東京・世田谷で高放射線量検出 放射線、原発と無関係

 ◇床下の瓶にラジウム?

 ◇船橋の公園で1.55マイクロシーベルト

東京都世田谷区弦巻の区道から毎時3・35マイクロシーベルトの高い放射線量が検出された問題で、文部科学省は14日未明、東京電力福島第1原発の事故とは無関係と断定した。同区は13日、区道に面した住宅の床下から見つかったガラス瓶が発生源と発表。通報を受けて調べた文科省が、ガラス瓶は数十本で、表面は最大で毎時600マイクロシーベルト、中身は粉状で大半は放射性物質のラジウム226と推定されると明らかにした。一方、東京都北区の小学校と千葉県船橋市の公園で毎時1マイクロシーベルトを超える放射線量を測定した。【黒田阿紗子、川崎桂吾、吉住遊、橋本利昭、野田武】
世田谷区は13日、測量会社の放射線専門家に調査を依頼。区道南側に面した木造住宅から高い放射線が検出され、所有者の承諾を得て屋内を調べると、床下から木箱が見つかった。中には紙箱に入ったガラス瓶(長さ約7センチ、直径約5センチ)1本と棒状のガラス瓶3~4本があり、毎時30マイクロシーベルトまで測れる測定器を近づけると針が振り切れたという。
 文科省が調べると、ガラス瓶は数十本あり、鉛容器に密閉すると、敷地境界線の放射線量は0・1~0・35マイクロシーベルトに下がった。同省によると、この家には90歳くらいの女性が2月まで住んでいたが今は転居。女性の夫は約10年前に亡くなるまで一緒に住み、いずれも放射性物質を取り扱う仕事とは関係なく、女性や親族も「あることすら知らない」と話しているという。女性は箱から約2メートルのところで寝起きしていたことがあるとみられ、概算すると1年間に30ミリシーベルトほど被ばくしていた計算になるという。警視庁世田谷署は、放射性物質の取り扱いを定めた放射線障害防止法に違反する事実があるかどうか確認するため、ガラス瓶の保管状況などについて調べる方針。
一方、東京都北区の区立滝野川第三小学校の体育倉庫裏で13日、除染などの対応をするため北区が独自に設定した空間放射線量の基準値(毎時0・25マイクロシーベルト)の約4倍に当たる同1・01マイクロシーベルトを確認していたことが分かった。
区によると、区教委職員が9月28日、区の測定器を使い体育倉庫裏の雨水排水管下の地上から約5センチの地点で測定した。雨水を排水する溝はなく、水がたまりやすい構造だったという。区は今後、小中学校や保育園、幼稚園など子供が通うすべての施設で遊具、雨どい、植木付近の放射線量を測定する。
また、千葉県船橋市は13日、同市金堀町の「ふなばしアンデルセン公園」で、地上1センチの大気中の放射線量が最大毎時1・55マイクロシーベルトを測定したと発表した。
同市によると、市民グループが12日に計測したところ最大同5・82マイクロシーベルトを測定。同市が13日に同種の測定機器を用いて同じ場所を測定したところ、5・82マイクロシーベルトの場所は0・91マイクロシーベルトだったが、園内の切り株の下で同1・55マイクロシーベルトだった。同市は周辺を立ち入り禁止とし、砂利や表土を取り除いた。測定に誤差が生じた点について同市は「同じ機器による1日違いでの誤差としては考えられない大きさ。徹底して清掃などをしたい」と話している。
==============
■ことば

 ◇ラジウム

1898年にキュリー夫妻が発見した放射性元素。時計の文字盤などの夜光塗料や医療用放射線源などに利用されていたが、発がん性が指摘されたため、現在はほとんど使われていない。ラジウム226の半減期は1600年。放射線を出してラドンに変化する。08年には千葉県野田市の塗装会社がラジウム226を含む夜光塗料など50リットル缶43本を放置し、文科省から撤去命令を出された。
毎日新聞 2011年10月14日 東京朝刊お

東京・世田谷区道で毎時3マイクロシーベルト超の放射線量 地上1メートル 理由は「不明」

2011.10.13 11:25 放射能漏れ
東京都世田谷区の委託で放射線量を測る業者=13日午前、同区弦巻
東京都世田谷区の委託で放射線量を測る業者=13日午前、同区弦巻
 東京都世田谷区弦巻の区道から最大で毎時約2・7マイクロシーベルトと周辺より高い放射線量が検出された問題を受け、区が13日に実施した専門業者による測定では、高さ1メートル地点で毎時3・35マイクロシーベルトが検出された。区は核種分析や除染を含めた対応策の検討を急ぐ。
今回の線量は「毎日8時間を屋外、残りを木造家屋内で過ごした」との仮定で年間被ばく線量に換算すると約17ミリシーベルトとなるが、国が避難を促す目安としている20ミリシーベルトよりは低い。
 現場は区道の歩道部分で、近くの区立松丘小学校の通学路になっている。区は念のため、現場をコーンで囲う措置を取っている。
高線量が検出された原因について区は「現場はくぼ地で雨水がたまった可能性がある」とするが、泥がたまる地表より高いところで高線量となった理由については「現時点で不明」としている。

【放射能漏れ】東京・世田谷区道で毎時3マイクロシーベルト超の放射線量 地上1メートル 理由は「不明」
高い放射線量が検出された、東京都世田谷区弦巻の区道の歩道部分=13日午前

【放射能漏れ】東京・世田谷区道で毎時3マイクロシーベルト超の放射線量 地上1メートル 理由は「不明」
東京都世田谷区の委託で放射線量を測る業者=13日午前、同区弦巻

【放射能漏れ】東京・世田谷区道で毎時3マイクロシーベルト超の放射線量 地上1メートル 理由は「不明」
世田谷区弦巻の住宅街で高い放射線量が測定され、付近の歩道の立ち入りを規制する囲いが設置されていた。歩道をさけて現場付近を通行する親子=10月13日午後、東京都世田谷区弦巻(矢島康弘撮影)

【放射能漏れ】東京・世田谷区道で毎時3マイクロシーベルト超の放射線量 地上1メートル 理由は「不明」
世田谷区弦巻の住宅街で高い放射線量が測定され、付近の歩道の立ち入りを規制する囲いが設置されていた。子供をだっこして心配そうに見守る姿も=10月13日午後、東京都世田谷区弦巻(矢島康弘撮影)

【放射能漏れ】東京・世田谷区道で毎時3マイクロシーベルト超の放射線量 地上1メートル 理由は「不明」
世田谷区弦巻の住宅街で高い放射線量が測定され、付近の歩道の立ち入りを規制する囲いが設置されていた=10月13日午後、東京都世田谷区弦巻(矢島康弘撮影)

【放射能漏れ】東京・世田谷区道で毎時3マイクロシーベルト超の放射線量 地上1メートル 理由は「不明」
東京都世田谷区の委託で放射線量を測る業者=13日午前、同区弦巻

【放射能漏れ】東京・世田谷区道で毎時3マイクロシーベルト超の放射線量 地上1メートル 理由は「不明」
高い放射線量が検出された、東京都世田谷区弦巻の区道の歩道部分=13日午前

毎時3・35マイクロシーベルトが検出された。
現場は区道の歩道部分で、近くの区立松丘小学校の通学路になっている。区は念のため、現場をコーンで囲う措置を取っている。(上記写真↑)
ここ二本松は、毎時10マイクロシーベルトが検出されても、
生徒達に通達・警告さえ今でもせず、放置してあるだけだ!



コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

福島県のホールボディカウンター 疑惑・・・検査方法と結果報告