27.5μsv/h  二本松市 通学路

 ガイガーカウンターは、
9.999μsvまでしか測定できません。

2011.10.03、このマップを学校、行政へ報告。

除染しないまでも、生徒に警告、
現場に忠告案内すらしない。



当時、学校も市も、
測定器を
通学路の測定の目的であっても
貸出しは、しませんでした。

そして、7ヶ月間、
通学路の測定をしないままだ。

何度、お願いしても・・・・。

この事実を発信します。

これまで、学校や市にお願いしてきたことも全て。

  
9.99μSv限界測定のためすぐに、点滅。

実は、9.99μsv/hではなく
27.5μsv/h
であった。
現在、除染土は
行き場所がなく
私の車のトランクに入っているままだ。










コメント

匿名 さんのコメント…
桁が違いすぎます。これがあの二本松の近くだとすると、他の地域はどうなってしまったのか。夏ごろはまだ4マイクロぐらいだったが、その後のダダ漏れでここまで上がってしまったのでしょうか。状況は急激に悪化していますね。
nagiwind さんの投稿…
ありがとうございます。おそらく、最初から高い値であったはずです。ホットスポットには、他の核種もあるはずですが、測定しません。子ども達は、そんな中で生活を余儀無くさせられています。

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。