セバスチャン・プフルークバイル 博士(独)の講演会「風の原っぱ」


「風の原っぱ」さんのブログより

1)セバスチャン・プフルークバイル博士(Dr. Sebastian Pflugbeil)の今回の講演用パワーポイント資料
(「放射能の専門家」と呼ばれる人たちが、いかに事実をねじ曲げ、
放射能の危険性を軽視し、原発を容認する世論操作に協力してきたのか、 
このPPT資料を使って博士は講演しました。
湯布院では時間不足で説明できなかった映像資料も含みます)

2)あらかじめ計算された放射線による死:EUと日本の食品放射能汚染制限値フードウォッチ・レポート(PDF)
トーマス・デルゼー、セバスチャン・プフルークバイル(ドイツ放射線防護協会)編
IPPNW(核戦争防止国際医師会議)ドイツ支部との共同作成 2011年

セバスチャン・プフルークバイル博士
(Dr. Sebastian Pflugbeil)プロフィール
(物理学者、ドイツ放射線防護協会・会長)
1989年以前、旧東ドイツの学術アカデミーで医療関係物理学を仕事分野に。
1989年以後、ドイツ統一の過程の中、暫定政府であった「円卓会議」で大臣として入閣。統一直後、ベルリン市議員。チェルノブイリ事故の諸結果
についての専門家。数年間にわたり現場調査。大部分において「恥知らずの」
公式報告の再検査。























































































コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!