チェルノブイリハート、そして フクシマハート


News: Fukushima heart

A report tweeted.
‎@knight100jp
Naoki Watanabe
朝から重い話。
チェルノブイリハートならぬフクシマハート(らしき)事態が起きた。
3月に妊娠、早産、心臓に穴。符号が一致する。
まだ詳細は書けない。
ただ、放っておく事は出来ないので、第一報だけ流したい。
“Maybe this is “Fukushima heart” to follow Chernobyl heart.
got pregnant in March, premature birth, 
and the baby got a hole in the heart.

sounds like Chernobyl heart. can’t post any more details 
but I couldn’t help posting this info.”
It might be hard to associate this just one case with Chernobyl heart.
However,according to the report published by Riken bunseki center
which measures breast milk and urine, 
Cs-134, 137 are measured even from the urine of the infant living in Chiba.
It is 7 months old infant.
Cs-134 0.46 Bq/kg
Cs-137 0.85 Bq/kg
Tested 9/20/2011
No wonder Cs-134 and 137 are measured from infants in Fukushima too.
One year old infant.
Cs-134 0.55 Bq/kg
Cs-137 0.57 Bq/kg
Tested 9/6/2011~
Three years old child.
Cs-134 0.39 Bq/kg
Cs-137 0.53 Bq/kg
Tested 9/20/2011
It’s our babies to pay the price.

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!