小中学生の体内から少量のセシウム 福島・南相馬で検出


小中学生の体内から少量のセシウム 福島・南相馬で検出2011年10月25日5時33分

 福島県南相馬市の市立総合病院は、
9月下旬から検査した市内の小中学生の半数から
少量の放射性セシウム137が検出されたことを明らかにした。
事故直後に呼吸で取り込んだものか、
事故後に飲食物を通じて取り続けたものか不明のため、
病院の責任者は「定期的に調べて健康管理につなげたい」と話している。
小中学生527人を最新の内部被曝(ひばく)測定装置で調べたところ、
199人から体重1キロあたり10ベクレル未満、
65人から同10~20ベクレル未満、
3人から同20~30ベクレル未満、
1人から同30~35ベクレル未満のセシウム137を検出した。
セシウム137が半分になるまでは約30年かかるが、
体からは便などとともに排出されるため、大人で100日程度、
新陳代謝が高い小学校低学年生で30日程度で半分が出ていく。

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

福島県のホールボディカウンター 疑惑・・・検査方法と結果報告