投稿

10月, 2012の投稿を表示しています

院長の独り言

キセノンは、チェルノブイリの2、5倍も観測され,地震によって事故は起こったものだという科学的な裏付けが有る

イメージ
プレスリリース、2011年10月27日
福島:チェルノブイリの2.5倍以上の放射性キセノン 考察:地震直後解放 - 津波の前に ノルウェー、オーストリア、スペイン、アメリカからの研究者の国際チームは、福島の災害の際に放出希ガスのキセノン133の量は、チェルノブイリで放出さよりも2.5倍高い因子であることが10月21日に発表された研究は、年に締結。彼らの報告によると、津波が海岸を叩く前にリリースの開始が故に3時ごろ(日本時間)で3月11日にあったとし、 "強力な証拠"がある。これは科学者が2.46時に地震が原子炉の "構造的損傷"につながったのかもしれないと信じているように導きます。 "この研究の結果は、地震災害の理由ではなかったという主張に反論さらなる証拠であるが、唯一の原子力産業によって作ら津波、との組み合わせで、日本政府とドイツの原子炉安全委員会は、"ヘンリックPaulitzは言った、国際的な医師の団体IPPNWの核専門家。"地震によってもたらされる原子炉のための大規模なリスクを軽視する原子力ロビーによる試みは一度、この新しい研究の発表のためにすべてのため失敗しました。下に来てから、おそらく、このようなPhilippsburg-2とNeckarwestheimの-2のような地震の地域に位置し原子炉を回避しようとする-それは、原子炉安全委員会と他のドイツの政府機関がこのかろうじて信用できる津波理論にしがみついを主張方法を確認するのはかなり驚異的です政治的な攻撃は" エア研究ノルウェーの研究所が福島で研究を主導した、ウィーンなどで気象と地球深部ダイナミクスのオーストリア中央研究所(ZAMG)が参加しました。16700 PBQキセノン133の合計が3月11日と15の間にリリースされたことを計算された作家- "核爆弾のテストに関連していない史上最大の放射性希ガス放出"。科学者たちは、これまでで最も包括的とみなされ、この研究を生み出すために、日本、米国、欧州での放射線の約1000濃度および沈着の測定値を照合する。セシウム137の放出は-人間の健康にとって特に危険であることが知られている-に3月と4月の月は約あった。著者によると36 PBQ、。福島1〜3号機とユニット4にお…

土壌の放射能汚染対策:放射線と食べ物

イメージ
2月5日、印西市文化ホールで開催された「放射線と食べ物」を聴講する。講師は女子栄養大学副学長の香川靖雄先生。
http://saienojisan.seesaa.net/article/250913150.html
 印西市も放射能のホットスポット地域で、市の教育委員会が「市民に放射線と食物に関する理解を深めさせる」ために開催した講演会である。

 講師は昭和32年に東京大学医学部、37年に大学院生物系研究科を卒業し、信州大学医学部生化学や女子栄養大学などの教授を歴任した分子生物学者である。

 行政やメディアが報道している疫学的見解と異なり、分子生物学と栄養学に立脚した講演で参考になる点が多かったので一部を紹介したい。

1.行政やメディアが行っている疫学的見解と異なる点
(1)疫学(行政やメディア)
 ①放射線量の影響:100mSv以下は影響が不明
 ②被曝による障害発生:数年間はかかる
 ③自然放射能の影響:自然放射能を除外している
 ④原爆被爆者データ:放射線障害を激甚としている
 ⑤放射能被曝防護:緊急時にヨウ素剤を投与

(2)分子生物学と栄養学
 ①放射線量の影響:1mSvでも有害(DNA(遺伝子)が損傷する)
 ②被曝による障害発生:3分間で障害を検出できる
 ③自然放射能の影響:影響する(成人で体内にカリウムム40を7000Bq蓄積)
 ④原爆被爆者データ:定期検診と栄養で健康維持できる
 ⑤放射能被曝防護:持続的な防護食で対処

 行政やメディアは、原発事故で飛散した放射性セシウムだけを取り上げているが、講師は自然放射能とセシウムの両方が影響するとしている。

 また放射線量100mSv(ミリシーベルト)以下の領域に閾値は存在せず、自然放射能とセシウムの線量が多いほど被曝障害は多くなるとしている。

 放射線がDNA(遺伝子)を損傷する割合は、線量が多いほどDNAに当たる確率が高くなると言う実測結果に基づいている。

 最後に放射能被曝を防護するには、普段から防護食(緑黄色野菜と果物)をたくさん摂取する必要があると訴えた。


2.自然放射能の実態
(1)自然放射能の種類と被曝量

 自然放射線は大きく宇宙(宇宙線)、大地(カリウム40、ウラン238、トリウム232、ルビジウム87、ウラン235など)、食べ物(カリウム40など)、空気中(ラドンなど)の4種類に分けられる。

 また人間は体内にも放射性物質を持ってお…

資料 保存 ベラルーシの現状を見た医師が評価する福島の影響

イメージ
2011-10-03ベラルーシの現状を見た医師が評価する福島の影響(保存転載)  Gパパ (@Gpapa623)さんというアカウントで文章が幾つか投稿された。ベラルーシの現状を見た医師が評価する福島の影響ということだ。現在アカウントは削除されており、ログが滅失するのを避ける為、無断ではありますが、転載させて頂く。  食物や呼吸によってα線を発する放射能核種を体内に取り込む事による内部被爆を最も警戒しなくてはなならない。Gパパさんはα線核種やβ線核種による健康被害症状を詳述している。 東電公式見解では福島第一原発3号機は原子炉格納容器の水素爆発としてるが、破壊された事後状況写真映像から、燃料プール水素爆発もしくは即発臨界爆発だと推定されている。  ECRR(欧州放射線リスク委員会)の科学事務局長クリス