大目的


第1章 ロジカル・シンキングとは何か?
1.ロジカル・シンキングとは?
 ●ロジカル・シンキングとは、筋道を立てて考えること
・ロジカル・シンキングとは論理的(ロジカル)に考える(シンキング)こと
 ・筋道を立てて考えること
 ・成功率を高め、確実に目標達成するために不可欠な思考法
 ●ローカルに考えると、試行錯誤が増加する
ロジカル・シンキング ó ローカル・シンキング
 ・ローカル・シンキング・・・行き当たりばったり、独りよがり、朝令暮改、試行錯誤
  ð 時間の浪費、成果につながらない、後手の対策

2.なぜロジカル・シンキングが必要なのか?
 ●ロジカル・シンキングしないと
・ロジカル・シンキング欠乏症・・・モグラ叩きの仕事、全体把握の欠如、失敗の繰り返し
 ・失敗の原因究明 ð 経験、ノウハウの積み上げ
 ●ロジカル・シンキングすると
 ・ロジカル・シンキングで全体像把握の習慣化・体系的な思考
 ・努力と活動を目標達成につなげることが重要
 ・目標達成のステップを明確に
 ・筋道を立てて考える ð 機能的な連携
  
ロジカル・シンキングする場合
ロジカル・シンキングしない場合
長所
・全体像の把握
・体系的な思考
・最短距離の達成
・確実な目標達成
・問題解決
・トラブル減少
短所
・全体像が見えない
・同じ失敗を繰り返す
・タブーを作る
・交渉失敗



3.ロジカル・シンキングが生まれた理由
 ●米国でロジカル・シンキングが生まれたのはなぜか?
 ・MBA(Master of Business Administration)経営学修士
 ・知識体系・・・マーケティング、アカウンティング(会計)、ロジカル・シンキング
 ・多民族国家故の納得性の高い共通ルールが必要
 ・5W2HWhy,What,Who,When,Where,How,How much
日本でロジカル・シンキングが定着しないのはなぜか?
 ・単一民族、単一言語、終身雇用制度、年功序列制度
なぜ今、日本人にロジカル・シンキングが必要なのか?
 ・グローバル社会、ボーダレス社会
 ●日本の若者が欧米流の価値観へ
 ・二十代の若者の価値観の変化・・・具体的な指示がなければしない。自分で気を使ってまで仕事をしない。
 ・組織の目標、個人の目標を論理的に展開する必要がある。
 ●スピードと確実な目標達成を
 ・スピードの時代,スピードで勝敗が決する時代
 ・先行者利益(ファーストムーバー・トップシェア)
 ・目標設定とシナリオ作成が重要

4.ロジカル・シンキングをする人、しない人
 ●ロジカル・シンキングする人
 ・従来との違いを分析する習慣
 ・影響の因果関係の明確化
 ・結果の総合的な予測
 ●ロジカル・シンキングしない人
 ・やってみなければ分からない。
 ・運が悪かった。
 ・戦う相手が悪かった。
 ・根拠無く他人のせいにするのが特徴
 ・ロジカル・シンキング ð 構成要素を分析 ð 因果関係の明確化
 ・分析・・・構成要素を分けて解析する。 ï 習慣化
 ・どんぶり勘定=ロジカル・シンキングしない人

5.考える力を高めるロジカル・シンキング
 ●ヒラメキだけでは着火剤
 ・1回のヒラメキだけで成功するのはマレ
 ・ヒラメキ=着火剤
 ●神風を信じる人はロジカル・シンキングしない人
 ・成功のシナリオの欠如
 ・成功願望
 ●考えるプロセスを持とう
 ・ヒラメキ ð 花火の着火剤 ð 論理的思考
 ・ヒラメキ ð 失敗 ð 失敗原因の分析(Why?) ð 新たなヒント、次のヒラメキ
 ●考えるための定石を身につける
 ・アイデア出しの有効なプロセス
 ・分析 ð アイデア出し ð 評価
 ・問題発掘・問題解決のプロセス=ロジカル・シンキング
 ・Why?でヒラメキ分析 ð 本質とエッセンスが明確になる ð 新たなヒラメキ

6.身近なロジカル・シンキングの活用事例
 ●個人の日常で活用する
 ・Why?と素朴な疑問を
 ・素朴な疑問を放置しない。
 ●プレゼン力を高める
 ・プレゼンテーション=説得術
 ・自分のシナリオで相手を誘導し説得する。
 ・ストーリー展開の論理性
 ●交渉力をつける
 ・相手の論理展開を理解する能力
 ・的確な応答能力
 ・相手と自分の合意点の発見能力
 ●問題解決力をつける
 ・混沌状態 ð(Why?)ð 問題発見 ð 解決策
 ・NEWSをうのみにするな。

第2章 どうすればロジカル・シンキングが身につくか?
1.ロジカル・シンキングを阻害する要因
 ●過去の成功体験に酔いしれる
 ・過去の成功体験に酔いしれる ð 思考停止
 ・成功結果 ð 過去の美化 ð 原因究明ナシ
 ・自慢話にはご用心 ï 思考停止者
 ●失敗体験からタブーを作る
 ・失敗体験で思考停止 ð タブーの形成
 ●mustwant
 ・must:・・・ねばならない
 ・want:・・・が望ましい ð しなくても良い
 ・must ð high-want ð middle-want ð low-want
 ・優先順位に従う
 ・どこまでがmustで、どこからがwant
 ●慣性の法則に惑わされるな
 ・慣性の法則(ニュートン)
 ・人や組織も慣性の法則に従う
 ・過去の延長で思考することは得意 ó やり方の変更は苦手
 ・慣性の法則 ð 思考停止
 ●悪魔の口癖の魔法にかかるな
 ・選択肢を考える ï これしかない、他にはありえない、絶対そうだ ï 悪魔の口癖
 ・ワンパターン、記憶に依存した判断 ð 思考停止
 ・右肩上がりの時代:記憶力の良い人 ð 優秀 ï できない理由を記憶の中から検索

2.目的と手段を区別する
 ●目的と手段
 ・目的・・・What
 ・手段・・・HowHow to
 ・目的達成 ð 手段 (系統図
 ・1つの目的に複数の手段
 ・手段の議論は無意味
 ・目的達成の最適手段選択が重要
 ●上位目的と下位目的を認識する
 ・困ったら大目的に返れ
 ・手段より目的を優先
 ・大目的と小目的の正確な認識・・・目的と手段の混同原因
 ・Why?で目的を考える
 
3.なぜなぜ問答をする
 ●原因究明なしで対策を考えない
 ・Why?は原因究明に効果的
 ・トヨタ自動車:5W・・・Why?5回繰り返す
 ●成功や失敗の原因究明の習慣を
 ・なぜなぜ問答
 ・原因 ð 結果 (連関図
 ・結果の凝視 ð 本質喪失
 ・結果 ð 原因 ð 因果関係の探索
 ・原因究明なしの対策 ð 的はずれな対策

4.まず全体像を把握する
マクロからミクロへ
 ・全体と部分の関係把握 ð 構成要素の把握
 ・全体把握ナシ ð 手段先行の議論
 ・マクロ ð ミクロ \ロジカル・シンキングの定石
 ●ちょっと立ち止まって傍目八目(おかめはちもく)
 ・問題点の客観的把握 ï 社外取締役、コンサルタント ï 離れて眺め、全体把握
 ●グランドデザインを明確にする
 ・グランドデザイン・・・全体構想、将来のあるべき姿
 ・グランドデザインの共有 ð 意思統一
 ・目的 ð グランドデザイン
グランドデザインを議論しよう
 ・夢の語らい
 ・グランドデザイン段階は変更が容易

5.可能性を追求する
 ●今までの延長上で考えない
 ・良い方向 ð 慣性の法則:OK
 ・悪い方向 ð 慣性の法則:NG
 ・点検確認の必要性
 ●1案に固執せずにいろいろ選択肢を考える
 ・発想転換 ï 従来の延長上で考えない
 ・発想360度 ï 既成概念の払拭
 ・大胆な代替案の複数作成 ð 慣性の法則からの脱却
 ・代替案が無い ð 評価困難
 ・流れる水は腐らない ó 溜まった水は腐る
 ・冒険心は、新鮮な酸素の追求

6.情報整理法を身につける
 ●キーワードで整理する
 ・情報過多、情報速度アップ
 ・大切な情報のキャッチ&整理
 ・情報把握 ð キーワード ð 記憶の扉を開ける言葉
 ・キーワード ð 大量の情報の引き出し鍵
 ●情報をグルーピングする、階層化して整理する
 ・大量の情報把握 ð 記憶 ï 情報のグルーピング
 ・情報整理法:グルーピング ð 階層化

第3章 ロジカル・シンキングの知識体系
1.マクロからミクロに、まず全体を捉える
ミッシー(MECE
 ・全体像把握
 ・マクロからミクロへ
 ・グランドデザイン
 ・MECE(Mutually Exclusive Collectively Exhaustive)モレ無く、ダブリ無く把握する
 ・全体像把握にはMECEが効果的
 ●なぜMECEなのか
 ・モレ ð チャンス喪失
 ・ダブリ ð ムダ、混乱
 ●フレームワーク
 ・フレームワーク・・・全体の構成要素の明確化
 ・フレームワークはMECEでなければならない
 ・フレームワーク ð 構成要素別分析
 ・経営戦略のフレームワーク ð CCustomer,Company,Competitor
 ・フレームワークは、偏った見方を防止する
 ・フレームワーク・・・全体と部分の関係を明確化するロジカル・シンキング
 ●モデル化
 ・単純明快に考える
 ・単純明快 ð 第三者への説明が容易 ð 理解しやすい ð 協力体制確立
 ・モデル化・・・本質だけの状態 ï 例外処理や細部の捨象
 ・ビジネスモデル・・・もうけの仕組み

2.可能性を広げる
 ●既成概念の枠にとらわれない発想
 ・慣性の法則に従う仕事の時給は900円 ï アルバイト代
 ・慣性の法則を破り、新しい可能性発見と将来の利益想像の時給は3,000
 ●ゼロベース思考
 ・ゼロベース思考・・・既成概念や常識にとらわれないゼロからの発想
 ・ゼロベース思考 ð 思考の土俵を拡大変化させる
 ●オプション思考
 ・オプション思考・・・解決策の選択肢(代替案)を複数考える思考法
 ・複数代替案 ð(第1次評価)ð 3案前後に絞込み ð 具体化 ð(第2次評価)ð 最終案
 ・デル・モデル・・・工場を持たない完全外部委託のコンピュータ生産方式
 ●ブレインストーミング
 ・ブレインストーミング・・・自由発想を高める
 ・ルール
  ①既成概念・常識を捨てる
  ②何でも良いから量を求める
  ③「3セズ」批判セズ、議論セズ、くどく説明セズ
  ④人のアイデアに便乗する
  ⑤アイデアは箇条書きで記録する
 ・目標100
 ・ブレインストーミングはアイデア集め
 ・アイデア ð グルーピング ð 優先順位付け ð 整理 ð 解決策・改善案

3.情報整理術
 ●図解や図表を使って情報を整理する
 ・図解 ð 平面二次元が自由に使える ï ランダム可能
 ・文字・・・直線一次元 ï シーケンシャル必須
 ・図解・・・多階層、グラフ化 ï ロジカル・シンキング
 ●ロジックツリー
 ・ロジックツリー・・・MECEを意識したツリー構造で、因果関係や大小関係を階層化する。
 ・ロジックツリー・・・網羅性の確保、相互関係・大小関係の明確化、全体像の把握
 ・課題 ð(So How?)ð 手段へ分解 ð(So How?)ð 解決策
 ・モレ・ダブリの未然防止 ð 下位施策が上位目的を達成するか?(チェック)


                                                                                        
                                                                                                  
                                                                                                  
                                                                                                  
                                                                                                  

                                                                                               
                                                                                               

                                                                           

                                                                                                  
                                                                                           




 ●マトリックス
 ・マトリックス ð 二次元 ð 相関関係、因果関係の把握容易
 ・PM(製品・市場)マトリックス
①「既存製品&既存市場」・・・既存事業そのもの、強化ð現業の深化・市場浸透
②「新規製品&既存市場」・・・新製品開発ð多角化
③「既存製品&新規市場」・・・市場開発の多角化ð市場開拓
  ④「新規製品&新規市場」・・・未知の領域への多角化ï先行投資
  

製品 
(Product)
市場
(Market)
既存/製品
新規/製品
既存/市場
市場浸透
新製品開発
新規/市場
新市場開拓
事業の多角化

 ●プロセス図解
 ・プロセス図解・・・業務をプロセスで把握する。
 ・プロセスの画期的な改革 ð 業務改革・業務効率化 定石
 
プロセスをブロックチャートにした場合
 










プロセスをフローチャートにした場合
○○部門
△△部門
××部門
□□部門
テキスト ボックス: ○○研究














テキスト ボックス: △△設計テキスト ボックス: △△調査
テキスト ボックス: ◎◎決定テキスト ボックス: ××決定テキスト ボックス: ××調査
テキスト ボックス: □□手配

4.効果が高いものに優先順位を付ける
限られた資源で投資対効果を最大化する
 ・あれもこれも欲張らない
 ・集中が大切
 ・(経営戦略)選択と集中 ð (ロジカル・シンキング)プライオリティ
 ●プライオリティ
 ・プライオリティ(優先順位)をつけて、着実に課題を片づけることが効果的
 ●ABC分析
 ・ABC分析・・・プライオリティをつける方法
 ・ABC分析・・・パレート図を作成して優先順位を判断する方法
   A群:最重点管理群
   B群:重点管理群
   C群:非重点管理群
 ・作業時間の調査 ð パレート図(タテ軸:作業時間,ヨコ軸:作業項目) ð 上位20%の作業項目改善 ï (パレートの法則)上位20%の作業項目が作業時間全体の80%を占める  
 ●ECRS
 ・ECRS・・・改善のプライオリティ
 ・E(Eliminate)・・・止める、除去する ï 最も高い改善効果 ð mustの思い込みを捨てる
 ・C(Combine)・・・統合する、一緒にする
 ・R(Replace)・・・置換する、交換する
 ・S(Simplify)・・・単純化
 ・成果につながらない仕事はEliminate

5.意思決定プロセス
 ●意思決定プロセスを明確にして説得力を高める
 ・意思決定・・・やり直し不可能な重大な決定を、決意を持って行う行為 ï 単なる判断や決定とは重みが異なる
 ・意思決定プロセス:目的確認 ð 代替案作成 ð 評価 ð 決定
 ・意思決定プロセス ó 独断
 ・あらゆる可能性 ð 最良案の探索 ð 最適意思決定
 ●定量評価と定性評価
 ・定量評価:必須
 ・定性評価:客観評価 ð 定量評価で把握不可能な部分を総合的に判断することが可能
 ●評価と決定
 ・代替案作成 ð 客観的評価 ð 代替案の完成度アップ
 ●提案つぶしが好きな日本人管理職
 ・新しいアイデアは育てる意識
 ・一案に固執せず、360度の可能性から代替案を


第4章 ロジカル・シンキングの習慣を身につける
1.全体像を把握する習慣
 ●モレやダブリをなくすコツ
 ・MECEのコツ=深さより広がり重視 ï 他にも何か無いか?
 ・MECEのコツ=「反対」「それ以外」を考える
 ・MECE  偏った見方を未然防止
 ●一枚に情報を整理して全体像を把握する
 ・一枚整理の習慣化 ð 全体把握
 ・要旨は一枚がベスト
 ●単純明快にポイントを把握する
 ・複雑 ð 第三者に理解不能 ð 協力体制不能
 ・重要ポイントを3つ挙げる ð 不可能? ð ポイント把握が未熟
 ●ビジネスモデルは単純明快
 ・見えなければ再構築が必要

2.思考の枠組みを広げる習慣
 ●あらゆる選択肢を最初に考える
 ・あらゆる手段を考える習慣 ð 複数代替案 ð より良い選択
 ●今までのやり方を一度捨てて考える
 ・代替案 ð 大胆発想 ð 慣性の法則から脱却
 ●時間軸を変えて考える
 ・単眼的・・・一点集中により他への関心が妨げられる状態 ó 複眼的
 ・時間軸を複眼的に見る・・・片目で現在を、他方で未来を ð 時空間の立体視
 ・時間軸の中でマイルストーンを明確化
 ●距離の枠組みをはずす
 ・距離の常識を破る
 ・常識を破れば、新しい常識が生まれる

3.効果が高いものは何かに注目する習慣
 ●あれもこれも欲張らない
 ・資源を集中し、何かを捨てなければ、何かを成し遂げることはできない
 ●優先順位をつける習慣を身につける
 ・プライオリティの明確化 ð 中途半端にしないコツ
 ●たくさんある時は、数個前後に整理する
 ・グルーピングの必要性

4.思いこみを未然に防ぐ
 ●事実と判断を区別する
 ・事実は一つ
 ・判断は人それぞれ ï 人ごとに異なるフィルターは、経験や先入観
 ・迷った時は、事実へ戻る
 ●人の話を鵜呑みにしない
 ・人の話を鵜呑みにしない
 ・Why?という素朴な疑問を大切に ð 先入観の未然防止

5.なぜ(Why?)をいつも心に持ち続ける
 ●神風は吹かない
 ・何もしなければ神風は吹かない
 ・成功のシナリオと用意周到な策略と実行力
 ●なぜ成功したのか、なぜ失敗したのかを原因究明する
 ・Why? ï ロジカル・シンキングの定石

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

福島県のホールボディカウンター 疑惑・・・検査方法と結果報告