キセノンは、チェルノブイリの2、5倍も観測され,地震によって事故は起こったものだという科学的な裏付けが有る

プレスリリース、2011年10月27日

福島:チェルノブイリの2.5倍以上の放射性キセノン

考察:地震直後解放 - 津波の前に
ノルウェー、オーストリア、スペイン、アメリカからの研究者の国際チームは、福島の災害の際に放出希ガスのキセノン133の量は、チェルノブイリで放出さよりも2.5倍高い因子であることが10月21日に発表された研究は、年に締結。彼らの報告によると、津波が海岸を叩く前にリリースの開始が故に3時ごろ(日本時間)で3月11日にあったとし、 "強力な証拠"がある。これは科学者が2.46時に地震が原子炉の "構造的損傷"につながったのかもしれないと信じているように導きます。
"この研究の結果は、地震災害の理由ではなかったという主張に反論さらなる証拠であるが、唯一の原子力産業によって作ら津波、との組み合わせで、日本政府とドイツの原子炉安全委員会は、"ヘンリックPaulitzは言った、国際的な医師の団体IPPNWの核専門家。"地震によってもたらされる原子炉のための大規模なリスクを軽視する原子力ロビーによる試みは一度、この新しい研究の発表のためにすべてのため失敗しました。下に来てから、おそらく、このようなPhilippsburg-2とNeckarwestheimの-2のような地震の地域に位置し原子炉を回避しようとする-それは、原子炉安全委員会と他のドイツの政府機関がこのかろうじて信用できる津波理論にしがみついを主張方法を確認するのはかなり驚異的です政治的な攻撃は" エア研究ノルウェーの研究所が福島で研究を主導した、ウィーンなどで気象と地球深部ダイナミクスのオーストリア中央研究所(ZAMG)が参加しました。16700 PBQキセノン133の合計が3月11日と15の間にリリースされたことを計算された作家- "核爆弾のテストに関連していない史上最大の放射性希ガス放出"。科学者たちは、これまでで最も包括的とみなされ、この研究を生み出すために、日本、米国、欧州での放射線の約1000濃度および沈着の測定値を照合する。セシウム137の放出は-人間の健康にとって特に危険であることが知られている-に3月と4月の月は約あった。著者によると36 PBQ、。福島1〜3号機とユニット4における使用済燃料プールに含まれる全セシウム137の在庫の約2%に過ぎないが、一定の期間内に放出量は、チェルノブイリからの推定放出量の42%にすでに加算勉強原子炉。気象条件による(実勢西風、低降水量)約。放出セシウム137の20%は太平洋上に残りの80%、日本本土に落ちてきた。ユニット1の最初の水素爆発時に初期の3月12日に発生したセシウムの大量放出は、によると、これまで過小評価されてきた著者。正確に時および3月14日と15日にセシウム排出の最高速度に続いて、日本本土、本州の東の大きな領域が影響を受けた。セシウム137の排出量が予想外に高いレベルも明らかにユニット4の使用済燃料プールの冷却を開始することによって削減された3月16日と19との間に発生していました。があったので、幸いなことに、その3600万住民と東京の首都圏では最悪を免れ放射性プルームの最も密な部分が3月15日に首都の上を通過時点では雨はありません。一方、放射性降下物は南の福島原子力発電所の地域は北から大阪まで3月20日と22の間に日本本土の広い地域に影響を与えた。これは、ほぼ完全にセシウム137の雰囲気を清め大雨が続いた。東京を含む日本の大きな領域は、それゆえにセシウムへの露出にかなりの量を受け取った。元首相菅直人は最近本当に彼の政府は東京を排気検討していたことを明らかにしていたどのように劇的なこの期間を明らかにした。これは、東京は立ち入り禁止区域になっていただろうことを意味していただろう。その場合、菅氏は、日本が国家として機能し続けていることを疑っていると述べた。研究福島-キセノン133とセシウム137のリリースタイトル"キセノン133とセシウム137のリリース福島第一から大気中には、原子力発電所:ソースターム、大気拡散、堆積"の判定。。ディスカッションペーパー結論:S 28357から28359 プレスコンタクト:ヘンリックPaulitz(原子力専門家)、電話番号。+49-0171-53 888 22 アンジェリカWilmen(プレス担当者)、電話番号。+49-30-69 80 74-15核戦争(IPPNW)の防止のための国際医師、ドイツ語セクション、Körtestr。10、10967ベルリン、www.ippnw.de、E-メール:IPPNW [at]をippnw.de http://www.atmos-chem-phys-discuss.net/11/28319/2011/acpd-11-28319- 2011.pdf
http://www.ippnw-europe.org/en/nuclear-energy-and-security.html?expand=705&cHash=30fceaa6f9

http://www.atmos-chem-phys-discuss.net/11/28319/2011/acpd-11-28319-2011.html

IPPNW-EUROPE.ORG | Nuclear Energy and Security

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。