プルトニウムは重いから飛ばない は 大ウソです!

プルトニウムは空を飛ぶ (当たり前ですが)
2011.04.30


「朝まで生テレビ!」で、日本原子力技術協会最高顧問、石川迪夫(いしかわみちお)が、
プルトニウムは重いので敷地内にしか落ちていない

と断言した・・・・そうです。


石川迪夫[イシカワミチオ]のプロフィール
香川県高松市生まれ。東京大学工学部機械工学科卒。1957年日本原子力研究所入所。1963年に日本で初めての発電に成功した動力試験炉「JPDR」の建設、運転に従事し、米国SPERT計画に参加後、反応度事故に関する実験計画「NSRR」を立案、実施した。同東海研究所副所長を経て、1991年4月、北海道大学工学部教授に。退任後、原子力安全基盤機構技術顧問などを務め、2005年4月、日本原子力技術協会理事長に就任。1973年~2004年まで、科学技術庁(現文部科学省)の原子力安全顧問や経済産業省原子力安全・保安院の原子力発電安全顧問のほか、IAEA(国際原子力機関)の各種委員会日本代表委員などを歴任。主な著書に「原子炉解体」(講談社)、「原子炉の暴走」(日刊工業新聞社)などがある。




とんでもないタワごとです。
はっきりと、「バカ」と言うしかありません。

テレビでこんなウソを言えば、世に識者は山ほどいるのですから、すぐにウソだとばれてしまいます。なぜ、そんなに簡単にばれるウソをつくのか。

それはこの者が本当に、「プルトニウムは重いから飛ばない」と思いこんでいるからです。
なんともおそろしいことです。
こんな人間が40年も原子力を推進してきたのですから、今回の事態は当然の結果です。
現実のデータとして、カリフォルニアでプルトニウムが検出されています。
下図は過去20年のプルトニウムの観測結果で、2011年の3月24日に、突然高濃度のプルトニウムが検出されています。福島3号炉の爆発(3月14日)で飛散したプルトニウムが風で運ばれて10日後にカリフォルニアの大気中で検出されたのです。





このようにれっきとした証拠があるのですが、プルトニウムは重いから飛ばないと思いこんでいる者にはデータを正しく認識することができません。「いや、あれは昔の原爆実験の名残だ」などと言っているそうです。

簡単な理屈を図で明らかにしておきましょう。

下図は、炭素(比較例)の原子核とプルトニウムの原子核です。

□□□□
炭素 6C12プルトニウム 94Pu239


左が炭素の原子核です。
陽子(オレンジ色)が6個と中性子(緑色)が6個で、陽子と中性子の合計は12個です。
これが炭素(カーボン)12という原子の原子核です。
炭素原子はこの原子核の周囲に6個の電子が回っています(電子は原子核よりずっと小さい)

右側はプルトニウムの原子核です。
陽子が94個、中性子が145個でプルトニウム239という原子の原子核になります。
プルトニウムの原子はこの周囲に94個の電子が回っています。

このように、なるほどプルトニウムの原子核は、炭素とか窒素(陽子7個)とか酸素(陽子8個)とかの原子核に比べて、大きくて重いものです。

この者はこのことをもって、プルトニウムは重いと言い、だから飛ばないと言っているわけです。
(テレビの解説では、ほかの御用学者もさかんに同じ事を言っていました)


しかしたとえば、中国から黄砂が飛んできます。
細かい粒が風で舞い上がって、空を黄色く染めて西日本にやってきます。
その黄砂の粒はどのくらいの大きさでしょうか。

正確な大きさはともかく、概念を下に図示します。


CPu黄砂の粒

左端が前述の炭素の原子核で、その右となりがプルトニウムの原子核です。
右側が黄砂の砂粒です。

原子核に比べれば黄砂の一粒一粒は圧倒的に大きな粒です。
この絵は原子核を誇張して描いています。本当は原子核は小さすぎて目に見えません。

この黄色い粒、原子核より圧倒的に大きな粒が、空を飛んで中国からやって来るのです。

下図は3号炉の爆発の瞬間です。

大量の細かい粒子が黒雲となって舞い上がりました。
そのひとつひとつの粒にプルトニウムやウランが付着しています。

3号炉の爆発  2011.03.14
プルトニウムが付着した煙の粒がふわふわと漂い続ける



放射性物質が付着した黒い粒は風に乗り、いつまでも空中に漂って世界を何周もします。
落ちるのは雨粒に遭遇したときだけです。そのときは黒い雨となって降ります。

「プルトニウムは重いから飛ばない」、「福島の敷地内に落ちた」
などという話がどれほどバカげているか分かりますね。

こんな連中が、プルトニウムはすぐに落ちる、大きな地震は来ない、大きな津波は来ない、電源は落ちない、と言って原子力を推進してきました。

そして驚いたことに、まだやるぞ、と言っています。

バカです。

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

福島県のホールボディカウンター 疑惑・・・検査方法と結果報告