松本市長・菅谷昭 (すげのや あきら)氏講演会   プロジェクトX 挑戦者たち チェルノブイリの傷 奇跡のメス



「プロジェクトX 挑戦者たち チェルノブイリの傷 奇跡のメス」
1986年4月26日。旧ソ連ウクライナで人類史上最悪の事故が発生した。チェルノブイリ原子力発電所4号炉の爆発。大量の放射性物質が発生、その多くが風下に位置したベ­ラルーシに流れ、間もなく悲劇が始まった。子供たちに甲状腺ガンが多発し始めたのである。現地の病院で手術を受けた子供たちの首筋には、一生消えない大きな傷がついた。そ­の時、一人の日本人医師が立ち上がった。信州大学医学部の外科医、菅谷昭。父は、夜の往診も厭わない町医者。もっと患者と向き合いたい、そんな思いを抱き続けていた菅谷は­、大学教授の座を辞し、ベラルーシに渡ることを決意する。ベラルーシでの菅谷のたった一人での闘いが始まった。やがて菅谷の高い手術技術や、患者との交流に心打たれていく­若い現地医師たち。いつしか菅谷のアパートに集まり、勉強会が開かれるようになった。菅谷は、彼らに自分の手術技術の全てを伝えた。さらに菅谷は、手術後もガン再発の不安­を抱える患者達の家を一軒一軒訪ね、診察を繰り返した。脳裏には父の姿がよぎっていた。そんな菅谷の活動に共感し、菅谷を支えようと奮闘する一人の男がいた。28歳の若手­医師、ゲンナジー・トゥールだった。二人は訪問診療を黙々と続けていた。やがて菅谷たちの努力は、ある一つの奇跡を産んだ・・・。人類史上最悪の事故と対峙した、日本人医­師と現地の医師たちの5年半に及ぶ闘いを描く。

松本市長・菅谷昭 (すげのや あきら)氏講演会

長野県松本市長 菅谷 昭(すげのや あきら) 氏の 講演会のご案内です。


■日時……10月 14日(金)午前10:30~12:00
■場所……福島テルサFTホール


菅谷昭氏は、1991年よりチェルノブイリ原発事故被災地の医療支援活動に参加し、現地を7回訪問、1996年1月から5年半にわたり、ボランティアでベラルーシに滞在して子どもたちを治療し続けた外科医でした。2004年から長野県松本市長を務めていらっしゃいますが、今回の福島第一原発事故により福島の子どもたちをとても心配されています。 


「チェルノブイリでこういうことがあった、という事実だけをお話します。」という菅谷氏のお話を聴き、子どもたちの為に何をするべきか考えていきましょう。 


主催:放射能から子どもを守る福島ネットワーク
http://kodomo-fukushima.net




菅谷さんは、現在市長として公務を行いながら多数の講演依頼もあるなか、今回福島の子どもたちを心配し講演して頂けることになりました。平日の午前中ですが、私たち「人」の命に寄り添ったお話が聴けることと思います。皆さん、是非ご参加ください!会津からもメンバーさんが数名参加の予定です。(ゆ)

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。