”放射線検知器ガイガーカウンターを1万円以内で自作しよう”草の根・市民講座 無料 誰でも参加できます


”放射線検知器ガイガーカウンターを1万円以内で自作しよう”草の根・市民講座 無料 誰でも参加できます 
Community

第一回講義 ガイガーカウンターの基本的な仕組み

ガイガーカウンターとは CPMとは
 
ガイガーカウンターとは?
CPMという単位を覚えよう。

ガイガーミュラー管 GM管

ガイガーカウンターは、簡単に説明すると、
ガイガーミュラー管という、円柱の管の中に、
放射線が入ると反応する装置の事です。

ガイガーミュラー管 正面
 

高価なものから、安価なものまで数多くのガイガーカウンターがあります。

当講座で作るガイガーカウンターは、
一番単純なものを作成します。

「1分間の放射線のを計測する」
 放射線カウンターを作ります。


1分間に、いくつ放射線がガイガーミュラー管の中に
入ってきたかを表示します。


単位は、CPMという表記を使います。
カウント・パー・ミニット Counts Per Minute
放射能はカウント毎分(cpm; counts per minute)で測定されます。
count/mで1分当たりの放射線数。



第一回目講座は、ガイガーカウンターの基本的な仕組みを学習しました。

セシウムや、ベクレルや、シーベルトの
換算方法や計測方法は、かなり複雑です。

徐々に学習していきましょう。


第2回講座 どのような部品で作るの?


まず、iPhoneかiPadかiPod touch(2世代目以降)のどれか1つが必要です。
iPhone,iPad,iPodTouchの何れかが必要
 




 

次に、前回の講座でご紹介した1分間の放射線の数(CPM)を計測する
ガイガーカウンターに必要な部品についてご説明致します。

まず最初に、ガイガーミュラー管を輸入する必要があります。
おすすめは、皆さんで共同購入したほうが良いと思います。
送料が結構高いので、まとめると安くなります。

管理人は、輸入した経験がありますので、
輸入代行などもできると思います。

LND社で通販

ミュラー管の画像

ガイガーミュラー管 LND社製712
65ドル(関税と送料除く)


共同購入したい方、個人輸入したい方は、
ウォールかコメントにお知らせください。
簡単なアドバイス致します。

難しくはありません。
クレジットカードだけあれば注文できます。
LND社は、2個から注文可能です。

例)12個セットで輸入した場合の2011年7月11日付の価格
  1個あたり価格 5,698円
 
 計算方法:
  価格:780ドル (1個65ドルx12個)
  送料:45ドル
  ドル → 円為替手数料 約1.6%(カード会社によって違います)

  日本円価格   66472円(12個の価格)
  通関料     200
  課税      1700

  商品代金合計  68,372
  1個あたり価格 5,698円

 多く買えば、1個あたりの送料が安くなります。





部品代は、ガイガーミュラー管の代金がほとんどで、
その他のものが約3000円になります。(送料除く)
送料を入れると1万円を越えてしまうと思いますが、ご了承ください。
安く買う方法があれば、ウォールやコメントに、是非是非、アドバイスください。

安く作る方法を考えるのも楽しいですよ^^。

全部で5つ程度の店から部品を取り寄せます。





ホームセンターやディスカウントショップで買うもの

写ルンです

・写ルンです(中の基板を利用します)
 500円以内 (ホームセンターかディスカウントストア)




A店

・中高圧セラミックコンデンサ [ 3150V 4700pF ]
 68円




ここから画像で表示します。上の3つの商品は緑字で表示しています。

部品一覧


B店

下記、すべて送料を除いた値段です。
部品は上の画像赤字1~12に対応します。
通販の場合は、まとめて同じショップで購入されることをおすすめします。



1・ブレッドボード
  250円

2・1/4W金属皮膜ハイメグ抵抗 10MΩ 茶黒黒緑茶
  52円

3・コード付きミノムシクリップ
  400円

4・電池を入れるケース
  ※他に沢山あります。スイッチ付きなど自由に選んでください。
  241円

5・4極プラグ/iPhoneiPadiPodTouchに挿し込む黒のケーブル

6・シールドケーブル/iPhoneiPadiPodTouchに挿し込む黒のケーブル
168 
http://www.marutsu.co.jp/shohin_65214/

7・積層セラミックコンデンサー 0.1μF 50V
  21

8・抵抗1KΩ 1/4W
  80

9・抵抗10KΩ 1/4W
  25円

10・ジャンプワイアーセット


11・すずメッキ線 0.6mm程度
   273円

12・はんだ吸いとり線
   336円

ハンダコテを持っていない場合のみ
   880円

C店


黄色字13、14に対応します。
※通販ショップを検討中。
個数が多く、小分けしている店を探しています。


13・連結用の金具 平型端子
   560円
平型端子
   こちらも100ピースと多いので、代替の部品を検討中
   
14・ピンヘッダー
   ピッチ幅(金具と金具との幅)2.54mm
   1P(1列)
   ピンの長さ15mm程度
   片方のピンの長さ6mm程度
   1のブレッドボードに差して使います。
   種類がたくさんあります。ニッパーで切って使います。

 
   ピンヘッダ

   通販している店が少ないので、
   上のピンの長さが3mmで短く使いにくいですが、
   見つからない場合は、
   http://www.marutsu.co.jp/shohin_10041/
   上記のB店で購入してみてください。
 



別に上記のショップが良いと言うわけではありません。
ご自分のお好きなショップでご購入ください。
探す手間がかかるので、便宜上載せています。
安い店があればコメントください。



その他の工具や電池

上記ショップなど無いものは、
amazonなどを利用して、
送料を安くすませましょう。

送料無料の商品を検索
例)ハンダコテ と検索 1250円位
例)半田吸い取り線 と検索 300円位

・電池2本 単三 100円均一
・ニッパー   
・ラジオペンチ 




アプリの購入

円高で85円になったアプリを購入します。
iGeiger
iGeiger
http://itunes.apple.com/jp/app/id387922431?mt=8&ign-mpt=uo%3D4
こちらのアプリを利用してカウントします。
放射線がガイガーミュラー管を通過したとき、
1分間の放射線の数(CPM)を表示します。


以上で第2回講座は終了です。


次回は、写ルンですの分解です。
5分で終わります。簡単ですよー。

講座3回目

意外なものを利用して高電圧を作る




ガイガーミュラー管(GM管)は、
この講座で一番重要な部品です。


次に、重要な部品を、
写ルンですの中から取り出します。

とり出すものは高電圧直流電源です。

写ルンです 500V 基盤
取り出した、500V発生基盤







なぜ500Vの高電圧が必要か?


500ボルトの高電圧をGM管のプラスとマイナスにかけておくと、
放射線がガイガーミュラー管(GM管)に飛び込むと、
パルス電流が生まれます。


パルスって何?

身近なもので、
電話の117の時報「ピッピッ」
という音もパルスです。

もともとは脈拍の意味ですが、

持続時間の短い信号のことをパルスとよびます。


パルスをiPhoneなどでカウントするんですね。







下記が詳細な説明です。
少し難しいので、今は理解できなくても
製作する上ではぜんぜん問題はありません。

不活性ガス LND712の場合ネオンとハロゲン)を充填したGM管の陽極 、陰極に
高電圧をかけておくと、放射線が管内に飛び込むことにより
ガスの電離が生じパルス電流が生ずる。
というのが放射線カウントの動作原理です。
LND712の場合500ボルトの直流電圧をかける必要があります。




取り出し方


5分で分解する

あっという間に終わります。 簡単です。


電源を触ると、ピリッと来ます。気をつけて作業してください。
高電圧部分は感電しないように十分注意してとりあつかってください 
この作業など、自己責任でお願いいたします。

写ルンです分解1

分解2

分解3−1

分解3

分解4

分解5

分解6

分解7

分解8


簡単でした。

来週は、ブレッドボ ード(回路基板)で本格的に製作していきます。


このサイトの運営協力者の募集

 ・ご協力いただけるなら、誰でも。
  現在実質2名でスタートしています。
  人数が足りません。協力者募集!

 下記以外の方でも、協力内容やアイデアをご提案ください。

 ・(デザイナー)ページのデザインをしてくださる方

 ・(コーダー)HTMLやスタイルシートに強い方

 ・(ライター)文章の得意な方。添削と校正をしてくださる方。

 ・(イラストレーター)作図やイラストの得意な方。


 ・(放射線の専門家)放射線等に詳しく、アドバイスしてくださる方。






現地へ行くボランティア募集

 被災地へボランティアへ行きましょう。
 放射線の測定などに限定せず、
 なんでも協力できることはしていきたいと考えております。
 現地へ行くとみえてくるものが沢山あります。


この講座の本当のねらいは、

 放射線検知器(ガイガーカウンター)を
 1万円以内の予算で日曜大工的に自作することではありません


今、本当に大切なのは、

正確な知識と、

正確な情報です。


当フェイスブック無料公開講座では、
放射線検知器ガイガーカウンターの自作を通して、

3つのことを学びます

 1.放射能についての、基礎的な知識をしっかり学習する

 2.少しでも東日本大震災の2次災害(風評被害など)を
防ぐ為に、
正確な情報と知識を伝達する。

 3.エシカル(倫理的、道徳的)を理解し、実践する

               以上FBからです。


私は、機械音痴のためさっぱり分かりません。
でも、いろいろな方々が様々な方法で
運動をなさってます。

できる事から、始めましょう。
何でもいいですから!

子ども達を守っていきましょう!!!!!

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

福島県のホールボディカウンター 疑惑・・・検査方法と結果報告