バイスタンダー(Bystander)効果 1個当たっただけで20%の細胞は死に、 生き残った細胞にも変異が起こることを初めて証明した

これまでの概念をくつがえすバイスタンダー効果

 これまで一貫して低線量被曝の危険性を訴えてきた



ジョン・ゴフマンは、


たった1個あるいは数個程度の放射線の飛跡でも、


人間にがんを起こす」と主張してきた。


このゴフマンの主張をはっきり証明し、


またいままでの放射線影響の概念をくつがえすような現象


つぎつぎと明らかになってきている。




 米国コロンビア大学のHei,T.K.らのグループは


顕微鏡で位置合わせをしたうえで、






ねらいを定めた細胞に


望みの数のアルファ粒子を当てることができるマイクロビーム装置を使って、


ハムスター卵巣細胞CHO-K1の中に


ヒト1番染色体を入れた細胞核にアルファ粒子を照射した。






1個当たっただけで20%の細胞は死に


生き残った細胞にも変異が起こることを初めて証明した




(Proceeding National Academy of Science,USA,94,3765-3770,1996)



 同グループは同じように細胞質にもアルファ粒子を照射し、



細胞が変異することを明らかにした
(Proceeding National Academy of Science,USA,96,4959-4964,1999)






細胞質に放射線が当たって死ぬ細胞は少ないので


放射線の影響は変異として残り、


細胞核に当たるよりもっと危険であるとも言える



 これまでは細胞の中に標的を想定して、



ここに放射線という「弾丸」が命中することで


細胞が死にいたるという考え方がされてきた


しかし、この「標的理論」はくつがえされ、


照射された細胞の近くにある


照射されていない細胞にも被曝の情報が伝わる


ことが明らかになったのだ。




これらの現象は




「バイスタンダー(Bystander)効果」




と総称されるようになった。






どのようにしてこんな現象が起こるのかというメカニズムや、


なにを媒体としているのかはまだ解明されていない。


安全量は存在しない


 この効果は、アルファ線に限らずエックス線などでも起こり、


量効果(細胞あたりのヒットの数と生物に対する影響の対応関係)


も認められている。


また、放射線照射した細胞培養液で処理した場合、



照射されていない細胞の細胞死が増すという報告も出てきて、


(Mothersill C.ら,Int J Radiat Biol.72,597-606,1997)




細胞以外の標的も


バイスタンダー効果が起きるひきがねとなる可能性も示された。



これら一連の結果は、




放射線で遺伝子が直接傷つけられなくても


細胞に突然変異や発がんが起きる可能性があることを明らかにした。




細胞と個体とは直接的には結びつかないにしても、



線量が低いからがんにはならないなどとは、


まったく言えないことを示している。

 これまで、



原子力発電所や再処理工場周辺でがんや白血病が発生したとき、


「こんなに低い被曝線量ではがんや白血病は起こり得ない」


と放射線被曝との因果関係を否定され続けてきたが、


どんなに線量は低くてもがんや白血病を発生する可能性があるのだ。


日本での議論独自の主張を持っているのか?

 原子力安全委員会は、



JCO事故の反省と2001年の省庁再編によって


独立性と機能を高めることを求められた。


そして


行政庁とは独立し、国民の立場に立って、


科学的・客観的知見をよりどころとした適切な総合判断を行ない、


所要の政策の企画や、


行政庁の行なう安全規制業務のダブルチェックを行なう役割を果たす


という認識のもとに、新体制がしかれた。


放射線障害防止基本専門部会の低線量放射線影響分科会
(主査:丹羽太貫京都大学放射線生物研究センター教授)


これらを背景に2001年9月にスタートした


この分科会の目的は、


低線量放射線リスクの科学的基盤を明らかにした報告書をまとめることであるが、


かなり率直な議論が展開されている。



 バイスタンダー効果については、



松原純子安全委員会委員長代理から


「たとえ細胞レベルでこのような現象が起きても、


個体の放射線に対する反応には、


障害があっても必ずそれを修復する作用があるはずだ。


発がんまでのプロセスにおいて働くさまざまな防御機構が現実には介在する」


という強い主張がたびたびなされた。



それに対し丹羽主査は


「修復作用はあるだろうが、防護機構についての確かなデータはまだない」


とし、現時点での科学的知見にもとづいた報告書をまとめたいと強調した。


 低線量放射線影響研究体制のありかたをめぐる議論では、


これまでの研究体制に対する批判と、


専門の科学者としての自嘲とも深い反省とも受け取れる、


つぎのような発言が出た。


 「日本には広島・長崎の原爆被爆生存者の疫学調査の解析があり


重要な役割を果たしてきたのに、


リスク評価においてはなんの役割も果たしていない」


 「すべての説明責任を「ICRP(国際放射線防護委員会)がこう言っている」




ということですませてしまっている。日本は独自の主張を持っているのか?」



 「これまで原子力開発側の要望に則してきてしまっているが、


んとうに中立的な日本版BEIR委員会またはNRPBのような機関が必要だ」


 「日本では放射線生物学をやっていると、


それはまっとうな科学者ではないというような感覚すらある。


大学院で放射線生物学をやっても就職先が見つからない。これが現実だ」

 「放射線生物学をやるということに胸を張る人がだんだん少なくなっている」



 「社会のニーズを喚起して、


研究者として拠って立つところを構築しなければならない」

 こうした発言は、実態をどうにかしなければならないとする



決意表明のようにも受け取れるが、まさに科学者としての姿勢が問われていると思う。



ホルミシス効果を強調したかたよった議論

 もうひとつ低線量放射線分科会で、強く印象に残った委員の発言がある。



「かつて『アルファ粒子1個でも突然変異を起こす』


という研究にもとづく報告をしたところ、


原子力安全研究協会からクレームがついた」というのだ。


 低線量の生体影響の研究でも、


低線量被曝はむしろ健康にいいんだという


「放射線ホルミシス」のような研究は電力会社などからもてはやされ、


新聞や雑誌などでも特集が組まれ大々的に宣伝されてきた。


それに対し、危険性が高いことを示す研究に対しては、


研究報告することにも圧力がかけられることもあるという実態が垣間見えた。

 9月25日、電力中央研究所低線量放射線研究センターの主催で



「低線量生物影響研究と放射線防護の接点を求めて」


をテーマとする国際シンポジウムが開かれた。


ICRP第1委員会委員長のロジャー・コックス氏、


チョークリバー研究所(カナダ)のロナルド・ミッチェル氏、


大阪大学医学部の野村大成氏、


丹羽太貫氏、


松原純子氏、


長崎大学の渡邊正己氏、


電力中央研究所の酒井一夫氏らが講演をした。


 その後の電力中央研究所名誉研究顧問の


田ノ岡宏氏が座長となり行なわれた総合討論は


「低線量放射線は生体に対しプラスかマイナスか?」、


クイズと称して


「よい影響、悪い影響、どっちが多い?


を問うことに終始したひどいものだった。


真剣に研究に取り組んでいる科学者からは


「そういう質問には答えにくい。確かに応答はあるけれど、


すべての場合に防護作用が働くと錯覚しまうことは危険だ」、


「基本的にはわからない。


免疫機能は高まっても、なぜそうなるかが究明されなくてはならない」


などの発言があった。


各講演ではさまざまな問題提起がなされた。


しかし、座長の田ノ岡氏はそれらの内容を踏まえることなく、


放射線ホルミシス効果を支持する姿勢を前面に押し出すだけで、


まじめに研究に取り組んでいる科学者に対してはとても失礼な態度だったと思う。


 先に述べた低線量放射線影響分科会では、


これまでに


放射線ホルミシス効果などがあまりにも強調されすぎてきたことへの


反省の上に立った議論だった。


現象として見つけただけではだめで、


その機構についてちゃんと解明しなければ確かなことは言えないはずだ。

そして、バイスタンダー効果などを考えると、



より安全側に立たなければならないことは明らかだ。

 放射線のリスクやその評価の問題は、



専門外の人や一般市民にとってわかりにくい。


専門家はわかりやすく解説し伝えるという努力をもっとしてもらいたい。


 また、市民にとっても非常に重要な問題なので、情報は市民に積極的に公開し、


市民もまじえた議論の枠組みを作ることがぜひ必要だと思う。

放射線影響の安全評価を行なっている機関




 ・ICRP (International Commission on Radiological Protection)



   国際放射線防護委員会


 ・UNSCEAR 




(United Nations Scientific Committee on the Effects of Atomic Radiation)


   国連放射線影響科学委員会

 ・BEIR (Biological Effects of Ionizing Radiation)


   電離放射線の生物学的影響に関する米国科学アカデミー委員


 ・RERF (Radiation Effects Research Foundation)


   放射線影響研究所(日本)



 ・NCRP (National Council 


on Radiation Protection and Measurement)


  アメリカ放射線防護測定審議会


 ・NRPB (National Radiological Protection Board)

   国立放射線防護委員会(英国)

(渡辺美紀子・スタッフ

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。