放射能汚染の主因は4号機燃料保存プールだと「ネイチャー」でスエーデンの学者が発表

権威ある科学誌「ネイチャー」(電子版)に、ノルウェー大気研究所のアンドリアス・ストール(Andreas Stohl)氏率いる研究チームによる「フクシマ事故」の解析結果を紹介する記事が掲載された。→ http://www.nature.com/news/2011/251011/full/478435a.html

 ストール氏やスウェーデン国立防衛研究所のラール・エリク・デ・ギーア氏(Lars-Erik De Geer)らが「大気化学物理学」誌に、ピーアレビューのためオンラインで発表した論文を紹介した。 


 それによると、「フクイチ」からのセシウム137の放出量は、日本政府の公式発表のほぼ倍にあたる、3.5 × 10・16 (10の16乗)Bqに 達していた。これはチェルノビリのセシウム137放出の半分に相当する。
 The new model shows that Fukushima released 3.5 × 10・16 Bq caesium-137, roughly twice the official government figure, and half the release from Chernobyl.

 ストール氏の研究チームはまた、セシウム137の主要な放出源として、4号機の使用済み核燃プールを挙げ、ここから大量のセシウム137が環境に放出されたことを突き止めた。
 日本政府はプールからはほとんど出ていないとの主張を続けている。

 研究チームは、4号機プールの海水の注水後、放出量が激減したことも指摘している。これは、より早く注水が行われていたら、セシウム汚染のかなりの部分を未然に防ぐことができたかもしれない、ことを意味する。
  The new analysis also claims that the spent fuel being stored in the unit 4 pool emitted copious quantities of caesium-137. Japanese officials have maintained that virtually no radioactivity leaked from the pool. Yet Stohl's model clearly shows that dousing the pool with water caused the plant's caesium-137 emissions to drop markedly (see 'Radiation crisis'). The finding implies that much of the fallout could have been prevented by flooding the pool earlier.     (引用終り) 

 もちろん、根拠はある。その最大のものは、事故から早い段階で公表された『汚染グラフ』である。
 国民用に発表された下のグラフ、マスコミも、保安院も、東電も了解しているはずのグラフ、これを見てみよう。

  国民への説明に用いたグラフ

 このグラフが発表された当時は、4号機は火災が起きたと公表されていた。「爆発音」ともあるが、これについては、点検中の原子炉であるので、溶接に使うボンベか、塗料などのボンベが爆発したものだとの説明であった。したがって、2度とも「火災」が発生し、現在は鎮火している、そういう公式説明であり、マスコミもそう伝えていた。

 官房長官は「直ちに健康への影響はない。」と言い続け、高名な学者先生は「1トン食べてもなんともない」とテレビで解説をしていたわけだ。納得いかない一心で海外の情報を探した。そして「ニューヨークタイムス」で、下のグラフを見つけた。

  ニューヨークタイムスにのった同じグラフ

 上と同じ、日本政府発表のグラフだと書いてあった。唖然とした。そして、上のグラフを「しげしげ」と見つめてみた。なんと、縦軸の目盛りの数値が「とんでもない」数(かず)ではないか。たしかに、それを置き換えると、下のグラフになる。上のグラフは「完全なマヤカシ」だ。これでは、国民にその重大さが伝わらない。

 しかし、火災発生で、これだけの放射性物質が出るものだろうか。それはあり得ない。(ましてや、3号機の水素が入ってきて、その水素爆発で3号機以上の放射性物質が吹き出るなどあり得ない。) これは、爆発したに違いないのだが、誰も爆発したと言わない。そこで、アメリカの検証サイトを探してみると、ついに、写真があったわけである。

 4号機-1-

 事故後、1ヵ月半以上「4号機」は火災とされ、爆発は頑強に否定され続けたわけだ。これが火災かどうか、見れば誰でもわかるのだが、この写真の公開は2ヶ月ぐらいあとではなかったかと記憶している。3号機が建屋上部だけであるのに対し、4号機は下部まで影響が及んでおり、単なる水素爆発だとすると、1号機の比ではないことが、一目瞭然である。が、この期に及んでも、いつ爆発したのか定かでないと言う。

 初めての方は、カテゴリーの原発事故の検証を見ていただくと、この主張の根拠は多分書かれているはずだ。皆さんを裏切らずにすんでホッとしている。 (でたらめではなかった) 

 さて、もう一つ、昨日も書いたが、世の常識とやらを疑ったほうがよい、と思えることがある。それは、放射能の被害である。大半の意見が、癌の発病 (甲状腺ガン、乳ガン、白血病)や催奇性 (奇形児) ばかりに注目している。本当にそうなのか。 (当初は私もそうではないか、と思ったが……) 

 そうではなく、昨日取り上げたように、 再生しない細胞のほうがやられると言う「全く逆」の方が正しいと思える。--現在は、 代謝が盛んなほうが影響を受けやすいと言う説の方が主流である。--

 脳や心臓のような「ほとんど一生」変わることのない細胞がダメージを受けやすいとなれば、知能障害、情緒不安定、ポックリ死(突然死)などが、放射能の影響で増えてこよう。

 柔軟に自分で考えること、このことが今求められている。










DOI:10.1038/478435a
ニュース

放射性降下物のフォレンジックは、放射線の通行料を引き上げ

福島挑戦日本の推計上のグローバルデータ。
福島の事故は、南相馬市などの近隣の町から大量避難につながった。福島の事故がこのような南相馬市などの近隣の町から大量避難につながった。AP写真/ S. ポノマリョフ
月の福島第一原子力発電所における災害は、日本政府が主張しているよりもはるかに多くの放射線をリリース。ので、調査の結論1粉砕プラントからの排出の規模と運命を推定するために世界中から放射能のデータを組み合わせた。
研究はまた、使用済核燃料を格納するために使用されるプールは、迅速な行動で阻止されている可能性が長寿命の環境汚染物質のセシウム137、の放出に重要な役割を果たした、政府の主張に反して、ことを示唆している。分析は、ジャーナルでのオープンピアレビューのためにオンラインで公開されている 大気化学と物理学
アンドレアスStohl、研究を主導したKjellerにおける大気研究のためのノルウェーの研究所、による大気科学者は、分析が福島第一からリリースされたどのくらいの放射線を理解することはまだ最も包括的な取り組みであると考えています。"これは非常に貴重な貢献だ"とラースのErik Deヘール、研究に関与されていなかったストックホルム、スウェーデン防衛研究局で大気中のモデラーは述べています。
再建は、日本および世界中の放射線のモニタリングステーションの数十からデータに依存しています。多くは、ウィーンの包括的核実験禁止条約機構(NATO)によって実行される核兵器のテストのために監視するグローバルネットワークの一部です。科学者たちは、カナダ、日本及び欧州における独立局からのデータを追加し、グローバルな気象データの大規模なヨーロッパやアメリカのキャッシュを持つものを組み合わせる。
Stohlは、結果のモデルは完璧からはほど遠いことをご承知おき下さい。測定は、福島の事故の直後に希少であり、いくつかのモニタリングポストは、あまりにも信頼性の高いデータを提供するために、放射能で汚染されていた。さらに重要なことは、正確に原子炉の内部で何が起こったのか - 彼らが放出されるのかを理解する重要な部分 - 解決されない可能性があります謎のまま。"あなたはチェルノブイリの推計を見ると、あなたはまだ25年後に大きな不確実性を持って、"Stohlは述べています。
それにもかかわらず、調査は事故の抜本的なビューを提供します。"彼らは本当にグローバルな視野を取り、利用可能なすべてのデータを使用し、"デヘール氏は述べています。

挑戦的な数字

日本の研究者らは、すでに災害を引き起こした3月11日に地震後のイベントの詳細なタイムラインを開発していた。地震後の時間は、福島第一で6原子炉を揺るがした、津波は緊急時に原子炉を冷却するために設計された重要なディーゼルバックアップジェネレータをノックアウト、到着した。日以内に、過熱および水素ガスを放出事故の時に動作three原子炉は、巨大な爆発につながる。最近第四原子炉から除去放射性燃料は、地震の時に、ストレージプールで開催され、3月14日プールが過熱し、おそらく今後数日間の建物で火災を火花されていた。
クリックすると拡大表示します
しかし、植物由来の放射線のための会計は、このイベントの連鎖を再構築するよりはるかに困難証明した。6月に発表された日本政府の最新の報告書は、植物が1.5 × 10のリリースと言う16  セシウム137のbequerels、より長期的な汚染のほとんどに責任がある30年の半減期を持つ同位体を植物2。キセノン- 133のはるかに多くの量、1.1 × 10 19  ベクレルは、公式の政府の推計によれば、リリースされました。
新しい研究では、これらの数字に挑戦。その再構成に基づいて、チームは事故が1.7 × 10の周囲に放出さと主張している19  キセノン- 133ベクレル、1.4の推定総放射能放出× 10より大きく19  チェルノブイリからベクレル。three原子炉は巨大なキセノンタリーのための福島の事故のアカウントで爆発するという事実は、デヘール氏は述べています。
それが身体や環境によって吸収されていないため、キセノン- 133は、深刻な健康リスクをもたらすことはありません。それは何十年も環境に残るだろうので、セシウム- 137放射性降下物は、しかし、はるかに大きな関心事です。新しいモデルでは、福島が3.5 × 10にリリースすることを示しています16 ベクレルセシウム137、約2倍の公式の政府の数字、およびチェルノブイリから半放出。進行中の地盤調査が真に公衆衛生リスクを確立する唯一の方法ですが数値が高いほど、デヘール氏は、明らかに心配です。
Stohlはチームの結果と日本政府のそれらの間に矛盾が部分的に使用される大きなデータセットで説明できると考えています。日本の推定値は、主に日本国内のモニタリングポストからのデータに依存している3太平洋上吹いた、そして最終的には北米とヨーロッパに到達した放射能を大量に記録されない、。"太平洋に出漂流している放射線のアカウントを取ることは事故の大きさと文字の実際の画像を得るために不可欠である、"福島県周辺の土壌の放射性同位元素の汚染を測定している智也山内、神戸大学の放射線物理学者は述べています。
フル画像をクリックすると拡大します
Stohlは、彼が正式な見積もりを担当し、日本チームに同情的であることを追加します。"彼らはすぐに何かを得るためにしたかった"と彼は言う。二つの研究の違いが大きいように見えることが、幸雄早川、また事故をモデル化したが、モデルの不確実性は、推定値は実際には非常に類似していることを意味している群馬大学火山学者は指摘している。
新しい分析はまた、使用済燃料は、セシウム137のおびただしい量を放出ユニット4プールに格納されていることを主張する。日本の当局は、実質的に放射能がプールから漏れたないことを維持している。まだStohlのモデルは明らかに水でプールをdousingする植物のセシウム137の排出量は、(参照著しく低下する原因となったことを示している"放射線の危機を")。発見は、放射性降下物の多くは以前のプールをフラッディングすることによって阻止されている可能性を示唆している。
日本の当局は、プール自体が大きな被害を被るしていないようでしたので、使用済燃料は、重大な汚染源ではないことを維持し続ける。"私はユニット4からのリリースは重要ではないと思う、"日本の公式な推定値を開発する助け正道チノ、茨城県の日本の原子力公社と科学者は言う。しかし、デヘールは、燃料プールをimplicating新たな分析は"説得力に見える"と言う。
最新の分析はまた、キセノン- 133は、地震直後に福島第一から発散し始めたことを示す証拠を提示し、津波の前に領域を圧倒。これはさらに壊滅的な洪水なく、単独で地震が工場でのダメージを引き起こすのに十分であることを意味する。
広告
日本政府の報告書は、既に福島第一で揺れがプラントの設計仕様を超えたことを認識しています。反核活動家が長い間、政府は原子力発電所のライセンスを取得するときに適切に地質災害に対処するために失敗したことを懸念されている(参照ネイチャー448、 392から393、2007)、およびキセノンのにおいが原子炉の安全性評価の主要な再考を促すことが、述べています山内。
モデルはまた、事故が容易に東京の人にはるかに壊滅的な影響を与えたかもしれないことを示しています。事故後の最初の日で風が海に吹いていたが、3月14日の午後には(参照国の巨大な包帯を介して放射性セシウム137の雲をもたらし、海岸に向かって背を向け"ラジオアイソトープの復興を")。降水量は、国の中央山脈に沿って、プラントの北西に、落ちた場所、放射能の高いレベルは、後の土壌中に記録され、ありがたいことに、資本金および他の人口密集地域は、乾燥した天候がありました。"ある非常に高濃度では東京以上になった期間があったが、雨はなかった、"Stohlは述べています。"それははるかに悪化だったかもしれない。" 
デビッドCyranoskiとリナの野沢による追加報告。




ニュース

自然 448、392から393(26 2007年7月)| 土井:10.1038/448392a、2007年公開オンライン7月25日

地震は世界最大の原子力発電所をシャットダウンします

デビッドCyranoski 1
  1. ワシントンDCのジェフBrumfielからの追加報告とデビッドCyranoski、。
トップ
誰もほとんどが回避されているように見える日本の最新の原子力事故と環境破壊の結果として死亡していません。しかし、成功したプラント設計または差し迫った災害の警告には、この証言は?
先週地震で破損した原子力発電所が活断層線の上に構築されたことを見事な啓示した後、日本は原子力発電への取り組みが安全であることを、国民を納得させるために悪戦苦闘、そして世界の残りの部分に直面している。
four収束プレートの上に腰掛け、日本ではほとんど地震が発生しやすい国の一つです - 地質学的不安定性が存在年間約1,000震えを引き起こす。フランスと米国の後ろに - と、まだ、55運転中の原子炉で、それは世界で三番目に大きい原子力発電容量を持っています。いくつかの先住民族のエネルギー資源で、日本はそのニーズの約3分の1のために原子力発電に依存しており、2017年までに構築された新品の設備を見ることが野心的な拡張プログラムで40%までこれを目指しています。
マグニチュード- 6.8地震は、西海岸に新潟県では、柏崎刈羽のプラントのシャットダウンに起因する場合は、このトリッキーな二分法は、7月16日にくっきりと浮き彫りに持ち込まれた。施設への被害は比較的軽微だった、誰も死ななかったと放出される放射線の量は伝えごくわずかであった-よく国際的な安全基準を満たして。それにもかかわらず、事件はいずれも日本の核施設その懸念を呼んでいるもその核の安全性評価システムは、(参照してください国を悩ませている地震活動が扱うことができる"大きなものを")。
地震は世界最大の原子力発電所をシャットダウンします
AFP /ゲッティイメージズ
東京電力の柏崎刈羽原子力発電所の隣のグランドで亀裂。
地震- 10人が死亡し、新潟県の1,000人以上を負傷-柏崎刈羽の7つの原子炉と雰囲気に、海やガスに漏れた放射性冷却水のいずれかに電気を供給する変圧器で火災を引き起こした。植物-世界最大出力の点では-無期限にシャットダウンされました。国際監視団は、(参照、特にこの国の歴史に照らして、広報災害としてその所有者、東京電力(東京電力)、による事件の処理を記述している"不安定核の記録を")。

エラーのカタログ

地震が祝日に発生したため、わずか4人は、変圧器の火災と戦うために利用できたので、それを入れて90分、地元の消防士の助けもかかった。公開は7時間の事件を知らされ、リークや誤動作の開示は、数日間にわたってより伝わっていた。東京電力は当初、固体核廃棄物の100ドラムは上低下したと言ったが、検査官は、後でその内容をこぼし、何百もの以上のノックされていた、と数十の蓋が開いていたと述べた。
故障、損害賠償とミスのリストは、次の数日間で最初の50から63に上昇し、海に注が汚染された水の1200リットル、それが前述のようにしていたよりも50%以上の放射性であることを会社で入場料が含まれています。おそらく最も懸念さは、放射性ヨウ素ガスはまだ原子炉の一つから排出されていたことが、ほぼ3日地震の後、発見でした。
ない活断層線上にサイト上にある原子炉のための日本の安全基準 - 東京電力は、マグニチュード6.5地震に耐えるように施設​​を建設。しかし、それは今、先週の地震の沖合震源地は、おそらく柏崎刈羽発電所の直下に伸びる活断層線上にあることが浮上している。地震とその余震の予備調査は、長さ30キロメートルまでの断層線を明らかにした。
東京で日本の原子力安全保安院の明福島は、4つの断層線は、施設が建設される前の1980年にサイトで特定されたが、すべてが非アクティブであるとみなされたことをしたと言う。ネイチャーは、データがアクティブを示すことが、日本の地震学者からのクレームを聞いている断層線は、サイトの下に潜在的にあった工場が拡大されたときに無視されていました。
宏明中田、広島工業大学では地震学者は、東京電力の発電所に2つの新たな原子炉をインストールするには、そのアプリケーションの一部として調査の際に、1996年に七キロの断層線を発見、しかし完全にそれを調査するために失敗したことを述べています。
中田は、東京電力のデータから採取した断層線を延長すべき場所を示すマップを作成しました。"我々は活断層を見つけるときに、我々はそれを囲む機能をチェックし、彼らがやった時に停止したと東京電力には理由はない彼らが見逃した多くの場所があります - 。。または意図的に回避 - 断層線を見ては、"中田氏は述べています。
鈴木大介、柏崎刈羽発電所のための東京電力のスポークスマンは、2007年のガイドラインは、私たちはむしろ前の50,000より13万年前に見て必要なので、我々はそれがアクティブであったという証拠を見つけるかもしれない"、原子炉や耐震性を管理するための新しいガイドラインを語る。"
"新ガイドラインはまた、我々は前にそれらを使用した場合、障害が長くなったことを明らかにしている可能性があります現在使用される地形学的手法を、必要とする、"鈴木は言う。彼は地震がおそらくこの断層の運動によって引き起こされた認める。"もしそうなら、それはそのような大地震を引き起こしたために7キロ以上でなければならない。"

ブラインドスラスト

新ガイドライン - 全55原子炉が再評価されているのか下には - 改善である、克彦石橋、都市安全と、それらを修正するために、2006年の政府の小委員会のメンバーの神戸大学の研究センターでは地震学者は述べています。例えば、地面の揺れを推定する方法が良いです。しかし、ガイドラインの活断層の調査基準を再考するために彼の提案は、委員会によって却下された。
また、"ブラインドスラスト"の効果の要因に失敗ガイドライン - 地震学者が見ることはできませんが、6.5より大きい大きさで地震を引き起こす可能性の動き。石橋は、"委員会の誤解は、強力な地震の強い過小評価につながる"と述べている。最後の委員会の日に、石橋は抗議で辞職した。
このケースは、最悪のシナリオに近いです。
だから、そのような不安定な地面に核施設を建設しても安全でしょうか?スコットBurnell、メリーランド州の米国原子力規制委員会のスポークスマンは、彼らは洪水、竜巻、ハリケーン、地震、さらには津波に耐えうると主張する。"彼らは隕石の衝突の短いほぼすべてに耐えるように設計されている、"と彼は言う。

対核の自然の中で世界的に実績が良いされています。1992年に、フロリダ州のトルコのポイントで690メガワットの原子炉は、ハリケーンアンドリューの風を風化。そして2004年、マドラス、インド、近くKalpakkamの原子炉はそれが配置された街を巻き込んだ大規模な津波から無傷で現れた。センサーは上昇水位を検出し、津波が海岸に到達する前に原子炉を停止してください。
ほとんどの観測筋は、柏崎刈羽の原子炉がうまく行われているように見えることに同意します。下の大きさの地震のために設計されているにもかかわらず、原子炉建屋はほとんどそのまま残っています。満上坂、東京の大学の原子力技術者は、予想される揺れとその経験の間に違いがありますが、"このケースは、最悪のシナリオに近い。それでも、漏洩放射線はごくわずかだった"と言うと彼は言う。
編集、 ​​参照ページ387






















コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。