ラッキーアイランド

皮肉にも、
第五福竜丸=「ラッキードラゴン」ならば
福 島  =「ラッキーアイランド」である。
彼らが、フクシマ人とされし我々を”棄民”扱いするのなら、

我々は、<3.11>、独立を宣言しよう。

生きものが通るから”路”になるのか
”道”を造って、ヒトを通すのか

我々は、造られた道をこれまで迷いもせず歩んできた。
ささやかな疑問が生じても、文明に追いつこうと必死になり
”大切な忘れ物”を置き去りにしてきたのだ。
全てのもの達が”それで、いいんだ”と、口を揃えて言っていたから。
皮肉なことにその文明を受入れると、その人間の一日を喰い散らかし始め、そして終いには、人は文明に追い立てられ、考える時間までも失っていた。

”大切な忘れ物”を取り戻すために
”風”を感じること、”お日様”を浴びること、”大地”に触れること、”水”のありがみと、”食”に感謝し、”家族”の存在、これらすべてを二の次とし、それが戦士であるかのように言い聞かされ生きてきてしまった。”大切な物”を大事にできない社会や人間関係は破綻している。そこに、しがみ付くは、やはり”保身”である。文明に侵されているだけである。今回の災害は、”自然災”と”暴走した科学”の”人災”とそれを正当化する”社会災”であった。

ならば、
「ラッキーアイランド」は、宣戦布告をしようではないか。
イカツイ戦争ではない。
個人の自覚を訴える闘いである。
責任の所在を求め、”生命の尊厳”を訴えるのだ。

日本において東電は無法化した「壕外」、言ってみれば”東電共和国”という独立国家である。独自の言語表現を駆使し、治外法権を行使している。もはや、”ムラ”ではない。国の援助を受けながら政府介入を拒否するは、”企業”レベルではない。日本常人;個人と法人の中、現行法で裁けぬは”天皇”と”東電”だけではないのだろうか。”東電王国”は、核保有国でもあるから。

「ラッキーアイランド」は、求める。幼き、弱き者達の基本的人権の侵害とわが国民の全面”補償と保障と保証”を!
「ラッキーアイランド」は、訴える。国際人類会議を。そして、武器三原則を掲げよう。あらゆる生命の野蛮な殺戮止め、邪魔をしない在り方を模索すると。
「ラッキーアイランド」は、あえて漂流しよう。子どもと女性を守る”約束の大地”を求めて。決して、他国の都合の囚われの民とならぬためにも。

消せない火は、付けてはならない。
45億年を経て”今”の自然界に存在しえない物質は
生命に対して”危険”であるということである。

”人類は、今や第五福竜丸に乗っている”と詩人(アーサー・ビナード)は言った。
それは、絶望への箱舟だ。
あらゆる生命は、核とは共存できない。

君もまた覚えておけ
「ラッキーアイランド」は、核保有国である
「ラッキーアイランド」には、”死の街”がある
「ラッキーアイランド」は、絶望を内包するからこそ、”希望”が輝く

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。