原子力委員会 月報

昭和31年:1956年(Vol. 1) No.        
昭和32年:1957年(Vol. 2) No.          10 11 12
昭和33年:1958年(Vol. 3) No.          10 11 12
昭和34年:1959年(Vol. 4) No.          10 11 12
昭和35年:1960年(Vol. 5) No.          10 11 12
昭和36年:1961年(Vol. 6) No.          10 11 12
昭和37年:1962年(Vol. 7) No.          10 11 12
昭和38年:1963年(Vol. 8) No.          10 11 12
昭和39年:1964年(Vol. 9) No.          10 11 12
昭和40年:1965年(Vol.10) No.          10 11 12
昭和41年:1966年(Vol.11) No.          10 11
昭和42年:1967年(Vol.12) No.          10 11 12
昭和43年:1968年(Vol.13) No.          10 11 12
昭和44年:1969年(Vol.14) No.          10 11 12
昭和45年:1970年(Vol.15) No.          10 11 12
昭和46年:1971年(Vol.16) No.          10 11 12
昭和47年:1972年(Vol.17) No.           10 11 12
昭和48年:1973年(Vol.18) No.          10 11 12
昭和49年:1974年(Vol.19) No.  2、3       10 11 12
昭和50年:1975年(Vol.20) No.          10 11 

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!