浮遊放射性物質のガンマ線による被ばくの低減係数

原子力安全委員会がまとめた資料
「原子力施設等の防災対策について」(平成22 年8月一部改訂)
(http:www.nsc.go.jp/shinsashishin/pdf/history/59-15.pdf)
の付属資料
8 屋内退避等の有効性について

屋内退避等の有効性について
大気中を拡散してきた放射性物質からの被ばくを低減するためには、
放射性物質から遠ざかることが最も効果的である。しかしながら、混乱
の発生のおそれ等を考慮すれば、被ばくを低減するための簡便な防護
対策としての屋内退避が有効であると考えられる。屋内退避措置は、
周辺住民が屋内に入り、建物の気密性を高め、口及び鼻をタオル等で
保護することをいう。

とあり、さらに、
表 - 1
浮遊放射性物質のガンマ線による被ばくの低減係数

屋外:1.0
自動車内:1.0
木造家屋:0.9
石造り建物:0.6
木造家屋の地下室:0.6
石造り建物の地下室:0.4
大きなコンクリート建物(扉及び窓から離れた場合):0.2

数値がでています。

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。