被爆状況:文部省・原子力安全・保安院資料より 『10万cpm以上の値を示した者が102名・・』

被爆状況:文部省・原子力安全・保安院資料より

『10万cpm以上の値を示した者が102名・・』






福島県に立ち寄っただけで、原発で作業したわけではない、

原発作業員がホールボディカウンターによる内部被曝測定で

精密検査が必要な被曝量1500cpmを越えた例は4766件、

10000cpmを越えた例は1193件

という数値を政府は国会答弁で認めている


【住民の被ばく】

・二本松市福島県男女共生センターにおいて、

双葉厚生病院からの避難者約60名を含む


133名の測定を行い、13,000cpm以上の23名に除染を実施


・バスにより避難した双葉町の住民約100名のうち9名について測定した結果、

4名か
ら18,000~40,000cpm以上を検知

・3/12~3/15、大熊町のオフサイトセンターにおいてスクリーニングを実施。

初めに除染の基準値を6,000cpmとした際には41名が基準値以上の値を示し、

後に基準値を13,000cpmに引き上げて以降は8名が基準値以上の値を示した。


検査を受けた162名のうち5名について、

除染処置の後に病院へ搬送


・福島県において、10km圏内から避難した病院関係者の

スクリーニングを行った結果、


3名について除染後も高い数値が検出されたため、

第2次被ばく医療機関へ搬送


・3/13以降 福島県が避難所のほか、

保健所等13カ所(常設)でスクリーニングを実施。


4/10までに実施した143,386人のうち、10万cpm以上の値を示した者が102名。

それら102名に
ついても脱衣後の再計測は10万cpm以下であり、

健康に影響を及ぼす事例はみられず


【その他の被ばく】


・3/14、自衛隊員4名が3号機建屋の爆発の際に負傷。

うち1名は放射線医学総合研究


所に搬送されたが、検査の結果、被ばくによる健康被害はないとの判断


・警察官2名について、警察庁において除染実施を確認。異常の報告なし

・10km圏内からの入院患者と

病院関係者の避難・搬送に関係した消防職員60名のスクリーニングにおいて、

3名からバックグラウンドの2倍以上程度の放射線が検出されたため、


60名に対して除染を実施


・空母「ロナルド・レーガン」等の米軍艦船が、

仙台沖活動中に低レベルの放射性物質を検知。

乗組員がさらされた可能性のある被ばく量は、

最大でも自然界における被ばく量の約1カ月分以下


・福岡市消防ヘリ(ゆりかもめ)において、


フライト中(福島第一原発3号機爆発時20km圏内では飛行していなかった)、

機内で26,000cpmを記録。隊員6名のうち最高値は4,500cpm
文部科学省資料
http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/kaihatu/016/
shiryo/__icsFiles/afieldfile/2011/04/18/1305111_1.pdf
http://yahoo.jp/xen4yI


【従業員等の被ばく】


福島第一原子力発電所で作業していた従業員で100mSvを超過した作業員は、

計21名

なお、当該作業員3名のうち、

2名については、両足の皮膚に放射性物質の付着を確認し、


ベータ線熱傷の可能性があると判断されたことから、

24日に福島県立医科大学附属病院へ搬送し、


その後、25日に作業員3名とも千葉県にある放射線医学総合研究所に到着。

検査の結果


2人の足の被ばく量は2~3Svと推定され、

足及び内部被ばく共に治療が必要となるレベルではなかったが、

3名とも、入院して経過を見ることとなった。

28日正午頃3名の方がすべて退院した。


また、4月1日11時35分頃、

米軍のはしけ船のホース手直し作業のために岸から船に乗り込む際、


作業員1名が海に落下した。

すぐに周囲の作業員に救助され、けが等はなかったが、


表面汚染が認められたため、シャワーにて洗い流して除染した。

鼻スミヤ※では汚染は確認されなかった。


※鼻スミヤ:鼻腔内の放射性物質を採取し、体内摂取の有無を推定。


原子力安全・保安院資料




枝野幸男官房長官は13日午前の会見で同原発周辺からバスで避難した人




9人のうち4人から1800〜4万cpmの放射線が検出されたと語った。








コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。