住民を被曝させるな!甘い汁は吸うだけ吸って、タダで人を使う!除染ボランティア募集

甘い汁は吸うだけ吸って、タダで人を使う!

除染ボランティア募集 HPで

11月8日 17時9分 twitterでつぶやく(クリックするとNHKサイトを離れます)
放射性物質を取り除く除染に必要な人手の確保が課題となるなか、環境省は、自治体が行っている除染ボランティアの募集の情報をホームページやメールマガジンで発信することになりました。
これは細野環境大臣が、8日の閣議後の記者会見で明らかにしたものです。本格的な除染を始めている福島県の伊達市や福島市では、専門の業者による作業を補うため、除染を行うボランティアを1日当たり数十人募集しています。環境省は、自治体の除染活動を支援しようと、ボランティア募集の情報をホームページに掲載するとともに、メールマガジンで最新の募集状況を発信することになりました。これについて、細野環境大臣は「非常に息の長い活動が求められるので、できるだけ負担の少ない形で参加してもらい、継続していくのが大事だと思っている。国難というべき状況なので多くの皆さんの力を貸していただきたい」と述べました。また、ボランティアの被ばくを防ぐための対策について、細野大臣は細野大臣は、今月13日に伊達市で行われる除染にみずからも参加するということです。

東電の作業員は、これまでどう扱われてきたのか!?!?
「安全を確保するのは政府の責任だと思っている」と述べ、除染を行う作業員に対する厚生労働省の通知に従って、安全に万全を期す考えを示しました。
低線量を危険視していない輩が、安全を口にするな!
なぜ、住民を被曝させる政策しか考えられないのか?!


コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。