二本松の空間線量 平均0.75μSv  これは一日で49752bq、 集団健康診断 胸のX線レントゲンを 毎日18枚撮り続けている量です。

昨夜、FCで頂いたコメントです。




 Nagi Windさん 




二本松の空間線量 平均0.75μSv 




これは一日で49752bq、




集団健康診断、胸のX線レントゲン




毎日18枚撮り続けている量です。




役場職員はレントゲンの枚数でも理解できないでしょうか? 




大事なのはこれに土壌汚染何十万bqを加えると、




ずううう〜〜と 




放射線を浴び続けているということ、




細胞が悲鳴を上げている事解ってほしいです。 

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。