「黒い雨」調査資料公表を

「黒い雨」調査資料公表を 市民グループ

 日米の共同研究機関「放射線影響研究所(放影研)」が放射性物質を含む雨(黒い雨)を浴びたとする広島、長崎の約1万3000人分のデータを保有していることが明らかになったのを受け、市民グループのメンバー9人が15日、データの公表を求める要望書を放影研に提出した。放影研に要望書

 グループは、降雨地域の援護策の拡大を求める県「黒い雨」原爆被害者の会連絡協議会(高野正明会長)。要望書では、データを「原爆投下後の早い段階に調査され、しかも専門の機関が行ったもの。持つ意味は大変大きい」とし、データの解析と公開などを求めている。受け取った放影研の秋本英治事務局長は「社会的関心は高い。どのような資料が残されているのかを調査し、近く記者会見を開くことを検討している」と応じた。
 高野会長は「資料は、つらい体験をした市民の協力で作成されたもの。長い間、公表されなかったことは許せない。国へも公表を要望したい」と話している。
(2011年11月16日  読売新聞)

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。