尿に含まれている量の最低150倍のセシウムが、 体内にあると考えられます。

内部被曝~今私たちに起こっていること~
矢ヶ崎克馬先生・五十嵐敬貴先生・木下黄太氏によるレクチャー&トーク

20011年11月12日(土)14:00~16:30
文京区民センター

第一部

琉球大学名誉教授である矢ヶ崎克馬先生は、
わが国を代表する内部被曝の研究者であり、
原爆症認定集団訴訟で「内部被爆」についての証言もされています。

まず、
矢ヶ崎先生による
「内部被曝のメカニズム」と、
「何故、政府や東電が内部被曝を評価しないか」というお話がありました。

外部被曝は、射程の長いガンマ線によるものであり、
その放射線が体を突き抜けたときのみ影響を与えます。

一方、
内部被曝は、ガンマ線より射程が短い分、
大変大きなエネルギー量を持つアルファー線とベータ線の影響を、
その放射性物質の半減期と呼ばれる能力がなくなるまで、
体の中で影響を及ぼし続けます。

この影響度についてECRR(欧州放射線防護委員会)においては、
「内部被曝は外部被曝の600倍の影響がある」としています。
ベータ線の飛程は、1cmで遺伝子を2万個切断します。
1mSvでは、約1万本の放射線が体に突き刺さります・・・・・。

その放射線は、どのような現象が我々の体の中で起きるのでしょうか。
それは次の2つです。

1)    生命機能が破壊される。

2)  細胞が生き延びる為に生じる危険。

感受性が低い高齢者は放射線の影響を受けないという主張がありますが、
それは誤りです。

チェルノブイリにおける影響では、
体が弱っている人に、大きな影響を与えています。
年齢によって感受性が低いというのは、
あくまでも健康な体の人のみの比較であり、
免疫力が弱い人は早死にします。

原発推進派は、内部被曝の影響を隠しています。
これには、市民の力を結集して政治的支配から脱することが求められます。

その政治支配の象徴は、

DR86、ABCC、ICRP、IAEA、WHOなど。

内部被曝を科学として確立することが必要となります。
そして科学として原発推進派と対峙しなければなりません。

沖縄では、戦中、戦後、住民を強制的に立ち退かせ、
無理やり基地を建設し、アメリカ軍が使用するという国際法違反が、
今でも続けられています。
60年安保で、大きなうねりが日本にも起きました。
その後、日米政府によって、日本のうねりは分断され、
市民の声が政治に届きにくい状態が続いています。
今こそ、命を守る基本的な生存権の確立のために、
市民は結集し立ち上がらねばなりません。

第二部

法政大学教授である五十嵐先生は、
3/9~9/2まで管総理にもっとも近いブレーンとして官邸内で、
管総理を支えていました。

木下氏
「放送局自身が被災していて、原発から離れなければならないので、
何処まで報道できるかなど、
とてもまともな取材が出来る状況には無かったのです」

五十嵐先生
「まさに戦争状態で、あっという間に過ぎてしましました。
原発からの避難距離を決めたプロセスやタイミングについて
さっぱり分かりませんでした。
それ以外のことも同様です。
情報は錯綜し、報告されてこないものもある。
当初、
法律上福島第一原発から作業員や関係者全員が
退避しなければならない線量が確認され、
総理も3,000万人被曝し即死しかねないと覚悟していたようです。

管総理は被告人であると考えています。
すべての記録をしっかりとってあります。
現在調査委員会が精査していて、あの混乱した状況において、
何が起きたかはっきりすることでしょう

矢ヶ崎先生
「安全神話の弊害であり、事故が起こってから何をしていいのか分からない。
これはあまりにもずさんすぎる。
命を守るための備えがまったく無かった。
人の命を大切にしない国家システム

五十嵐先生
「SPEEDIの存在や、その活用方法など、一切知らなかった。
アメリカの50マイル(80km)避難や各大使館員が自国へ、
または関西方面へ移動しているという情報が入ってきていたが、
それを踏まえどう判断するかという方法は何も無かった」

木下氏
「安定ヨウ素剤を配らなかったのはどうだったのでしょう」

矢ヶ崎先生
「チェルノブイリ原発事故の際、
安定ヨウ素剤を配布したポーランドなどと、
しなかった国を比べると、明らかに大きな差が出ています。
国民は犬と同じです。
パニックというキーワードで、国民に事実を告げないのはおかしい」

五十嵐先生
「政府といっても、あまりにも組織が複雑で、
どの政策も一元的な処理ができていません。
情報も一元化できないのです。
原子炉の注水問題で2日間も国会で議論していたのに、
結局東電の現場から、注水は続けていたと・・・・・・・
危機管理のシステムが全く無い」

木下氏
「報道機関自体が、パニックの火付け役になることを恐れ、
各官庁の言うこと以外に報道することがはばかれていました」

五十嵐先生
「55年体制、自民党政権の負の遺産です。
わずか2年にも満たない民主党政権の問題ではない」

木下氏
「従来の政策に批判をして市民参加を促す活動の理論家です。
その五十嵐先生のやりたいことなどが
出来ない今の政治のシステムであるということ」

矢ヶ崎先生
首都圏の人は、全員被曝しています

木下氏
6ベクレルのセシウムが横浜のお子さんの尿から検出され、
0.5ベクレル程度のお子さんはざらに首都圏にいます

矢ヶ崎先生

尿に含まれている量の最低150倍のセシウムが、

体内にあると考えられます。

子ども達、妊娠を望む女性、妊婦は、東京から離れたほうがいい。
今の状況を考えると土埃からの吸引が考えられます。
花粉を防ぐマスクでも十分に防げると思います」

以上

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

福島県のホールボディカウンター 疑惑・・・検査方法と結果報告