浪江の甲状腺被曝量、チェルノブイリの千分の1(読売新聞が実はとんでもない情報を流しています)勝手にニュース分析

「浪江の甲状腺被曝量、チェルノブイリの千分の1」


http://www.yomiuri.co.jp/science/news/20111119-OYT1T00053.htm




一体このニュースのどこがとんでもない情報なのか?


東京電力福島第一原子力発電所から20キロ前後に位置する
福島県浪江町の住民の甲状腺被曝

ひばく量は、チェルノブイリ原発事故後の周辺住民の被曝に比べ、
1万~1000分の1だったことが、
札幌医大の高田純教授(放射線防護学)の調査でわかった。
18日に神戸市内で開かれた日本放射線影響学会で発表した。

原発事故で施設外へ放出される放射性物質のうち、
ヨウ素131(半減期約8日)は甲状腺にたまりやすく、
被曝量が多ければ甲状腺がんを引き起こす可能性もある。

高田教授は事故後の4月8、9日、同県内の避難所で、
18歳~60歳代の浪江町民計40人の甲状腺被曝量を測定した。
結果は3・6~7・8ミリ・シーベルトで、
平均は約5ミリ・シーベルトだった。
一方、チェルノブイリの周辺住民は、
数シーベルトから50シーベルトとされている。

(2011年11月19日00時31分 読売新聞)本文そのまま転載


ここで注目する点は、


1,札幌医大の高田純教授(放射線防護学) 立派な御用学者

2.18歳~60歳代の浪江町民計40人の甲状腺被曝量を測定した。
結果は3・6~7・8ミリ・シーベルト

3.チェルノブイリの周辺住民は、
数シーベルトから50シーベルトとされている。


1.御用学者、いうまでもないです。

2.3月11日以前の基準値だったら、3倍以上の数値です。
読売はこの数字に全く触れていない。これがどれだけ危険なのか。

3.ここです!!!!
チェルノブイリのどこでデータを取ったのか?
どのように測定したのか?知りたいです。
数シーベルト以上は即死、6シーベルトで生きている人は殆どいない。
50シーベルトで生きている可能性はゼロ!!


このようないい加減な数値を検証もせずに発表し、
人の命を蔑ろにしている読売新聞には断固抗議します!!!!

線量



「幸福の科学」は、異様に原発を推進している

萌える幸福の科学 4コマ漫画-act2011_14

今回ご紹介した竹内均先生の霊言は『震災復興への道』に収録されています。
この中で、竹内先生の過去世は世界史に名を残す有名な人であったことも語られています。

原発にはテロや他国からの攻撃の標的になるなどのリスクもあり、今のままでよいわけではありません。しかし、日本がさらなる経済発展をして世界に貢献していくためには、エネルギー確保は重大な問題です。核アレルギーだからということで簡単に捨ててよいものではないのです。



札幌医科大 高田純氏は、

こんな方々と御一緒に講演されている。


月刊「ザ・リバティ」(幸福の科学出版|幸福の科学グループ)主催
札幌医科大 高田純教授 講演会
2011年8月21日 郡山市内




以下は、武田氏の講演である。


武田邦彦氏による

1mSv/y基準についての見解



どちらが、リスクマネージメントをなさっているかは明白である

高田教授は事故後の4月8、9日、
18歳~60歳代の浪江町民計40人の甲状腺被曝量を測定した。 
*被害が出やすい幼い子どもを外している。



コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。