福島原発の下請け構造・作業員実態 動画集












20110809 原発下請け作業員の実態



 さんが 2011/06/22 にアップロード
詳細>福島原発事故緊急会議:http://2011shinsai.info/
申入書:http://2011shinsai.info/node/249


「原子力村」の一角として日本の原子力産業を支えてきた「電力総連」と「東電労組」に、人の命と安全を守る労働組合の本義に立ち返ることを求めます。
今回は、すでにご賛同いただいた「申し入れ文書」にある、1)福島原発の労働実態にかかる情報開示、2)非正規労働者の待遇改善、3)原発に関する「基本認識」の白紙化再­検討 の3点について「電力総連」と「東電労組」に回答させる場を作る行動です。文書はすでに提出してあります。

報道ですでに明らかにされているように、中央制御室にいた東電の従業員すら、福島原発事故の「処理」を名目に政府が緊急に引き上げた被ばく線量限度をはるかに上回る被ばく­に見舞われています。さらに今後は下請け企業に雇用される非正規労働者を中心に、「事故の収束」「廃炉作業」にともなう高レベルの被ばくが続出しかねない事態です。
下記の日時、場所に集合してそれぞれの事務所に向かいます。原発を動かせなくする仕組みを作り、原発を廃止するために、ご予定の調整と参加をお願いします。なお、申入れ行­動の終了後、意見交換・交流会を予定しています。そちらにもご参加ください。

福島原発事故緊急会議・電力総連申入れプロジェクト

<申入れ行動>
(1)東電労組
日時:6月29日(水) 午後1時 集合
場所:港勤労福祉会館前(港区芝5−18)集合
地図:http://tinyurl.com/3gqbak8
交通:都営三田線三田駅・A7出口すぐ
予定:午後1時30分から東電労組事務所(港区芝浦3−1−43礎会館)で行動

(2)電力総連
日時:6月29日(水) 午後14時30分 集合
場所:芝公園17号地(赤羽橋交差点そば)集合
地図:http://tinyurl.com/3dtnh54
交通:都営大江戸線赤羽橋駅・赤羽橋口から徒歩3分
予定:午後3時から電力総連事務所(港区三田2−7−13TDS三田)で行動


<意見交換・交流会>
日時:6月29日(水) 午後7時から
場所:フリーター労組事務所
交通:京王新線初台駅・東口(オペラシティ口)から徒歩3分
連絡先:03-3373-0180

カテゴリ:

タグ:

ライセンス:

標準の YouTube ライセンス





コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。