県、127旧市町村追加 コメの緊急調査   東電「買い上げ困難」 福島・大波地区産のコメ全量

東電「買い上げ困難」 福島・大波地区産のコメ全量 

2011年12月 1日
福島市大波地区で生産されたコメが出荷停止となった問題で、東京電力は30日、市が求めた同地区産のコメの全量買い上げは「困難」と市に回答した。
東電被災者支援対策本部の新妻常正副本部長が同日、市役所を訪れ「原子力損害賠償紛争審査会が示した中間指針を踏まえて適切に対応する」と述べた。さらに瀬戸孝則市長に謝罪した。
瀬戸市長は「市民を考えると、このまま引き下がれない。中間指針を超える判断をしてほしい」と述べた。
新妻副本部長は取材に対し「全量買い上げは行わない」と述べた。
県、127旧市町村追加 コメの緊急調査
2011年12月 1日福島民報
福島、伊達両市の一部のコメから国の暫定基準値を超える放射性セシウムが検出された問題で、県は今年産米の全戸調査を行う緊急調査地域に新たに28市町村の127旧市町村を加える。佐藤雄平知事が30日、県庁で行った記者会見で明らかにした。県は新たな対象地域の農家に対し、安全性確保の観点から出荷の自粛を求める方針だ。
新たに加える地域は、県が今年産米の早場米検査、予備調査、本調査を行った際、放射性セシウムが検出された旧市町村。販売農家を対象に全戸検査を行う。2010年農林業センサスによると、対象は2万254戸に上る。
採取するサンプル数は、県の分析能力などを踏まえて設定する。現在、県が分析可能な検体数は1週間当たり最大4千点程度。県は緊急調査の早急な実施に向けて分析機器、人員が不足するとみており、国に支援を求める。
県の緊急調査は、既に対象としている地域と合わせると、28市町村の149旧市町村となる。今年産米は県内48市町村の371旧市町村で収穫された。
新たに対象となった緊急調査地域は次の通り。(=以降は旧市町村名)
▽福島市=平田村、水原村、大久保村、青木村、大笹生村、庭坂村、庭塚村、野田村、吉井田村、余目村、笹谷村、荒井村、飯坂町、中野村、平野村、東湯野村、飯野町、水保村、大森村、鳥川村、湯野町、下川崎村、立子山村
▽川俣町=飯坂村、小島村、大綱木村、富田村、福田村、小綱木村
▽伊達市=梁川町、山舟生村、堰本村、大田村、富野村、白根村
▽桑折町=桑折町、半田村、睦合村
▽国見町=大枝村、大木戸村、小坂村、藤田町、森江野村
▽二本松市=石井村、油井村(安達町)、上川崎村、渋川村、太田村(岩代町)、新殿村、針道村、太田村(東和町)
▽本宮市=本宮町、仁井田村、和木沢村(本宮町)
▽大玉村=玉井村、大山村
▽郡山市=郡山市、大槻町、喜久田村、富久山町、御舘村、赤津村、河内村、日和田町
▽田村市=要田村、瀬川村、山根村(常葉町)、移村
▽三春町=御木沢村、沢石村、三春町
▽小野町=小野新町
▽須賀川市=西袋村、小塩江村、長沼町、浜田村、白江村、白方村(長沼町)
▽石川町=母畑村
▽玉川村=泉村、須釜村
▽浅川町=浅川町、山白石村
▽白河市=古関村(白河市)、白坂村
▽西郷村=西郷村
▽泉崎村=関平村
▽矢吹町=三神村
▽棚倉町=棚倉町、近津村
▽ 古殿町=宮本村
▽柳津町=柳津村
▽三島町=宮下村
▽金山町=沼沢村
▽相馬市=中村町、大野村、飯豊村、山上村、日立木村、八幡村、磯部村
▽新地町=福田村、駒ケ嶺村、新地村
▽いわき市=久の浜町、平市、飯野村、草野村、夏井村、高久村、豊間町、磐崎村、小名浜町、江名町、渡辺村、内郷町、箕輪村、錦町、勿来町、田人村、好間村、四倉町、大浦村、大野村、大久村、下小川村、鹿島村

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。