被曝に盆・暮れ・正月はない 高濃度汚染車両、原発外に 東電、適切な管理怠る

高濃度汚染車両、原発外に 東電、適切な管理怠る

関連トピックス

写真:東電社員が修理に持ち込んだ車のワイパー付近で、毎時279マイクロシーベルトを計測した=福島県内の自動車修理業者提供拡大東電社員が修理に持ち込んだ車のワイパー付近で、毎時279マイクロシーベルトを計測した=福島県内の自動車修理業者提供
東京電力福島第一原発の事故当時、
原発敷地内に駐車していて高濃度に
汚染された東電社員らの車について、
東電が適切な管理を怠っていた。
なかには、中古車市場に流通したり、
近隣住民との間でトラブルを
起こしたりしている車も出ている。
専門家は
「放射線量の高い車は、
敷地内で発生したがれきと同様に
扱うべきだ」と指摘している。
東電広報部によると、震災から12日後の3月23日から
Jヴィレッジ(福島県楢葉町、広野町)で放射線検査と除染を始め、
一定レベル以上の放射線量の車は外部に出せなくしたが、
それ以前は原発敷地内から検査なしで車を持ち出すことが可能だった。
震災時、原発内には東電社員755人と協力企業の従業員5660人がいた。
社員らが駐車していた車や事故後に持ち出した車の台数は「把握していない」
という。
今年6月、東電社員から修理を頼まれたという福島県内の自動車修理業者は、
「車のワイパー付近で毎時279マイクロシーベルトを計測したんです。
何で、こんな車が原発の外に出るのか」と憤り、測定した際の写真を差し出した。
仮に1日12分間浴びた場合、年間被曝(ひばく)量が、
国が避難を促す目安の年間20ミリシーベルトを超える値だ。

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。