除染は無理 渡利地区における放射能除染事業の結果について

渡利地区における放射能除染事業の結果について

  渡利地区をモデル地域として除染をした結果について、
速報をとりまとめましたのでお知らせします。

 1.事業実施概要

実施期日  

平成23年7月24日(日曜日)

実施場所 

渡利地区

実施内容

⑴渡利地区全地区

・側溝の土砂上げ
・側溝脇、道路の草刈り

⑵渡利小学校及び南向台小学校通学路の除染

・ロードスィーパーによる道路洗浄
・歩道の高圧洗浄、ブラッシング等
・側溝及び側溝集水枡の土砂上げ

⑶民家の除染

・屋根、壁面等の高圧洗浄
・敷地内表土の剥ぎ取り
・植栽等の伐採、除草

測定期日

⑴除染前  

通学路 平成23年7月23日
民家 平成23年7月24日

⑵除染後  

通学路 平成23年7月28日・29日
民家 平成23年7月29日

⑶測定者  

環境課職員

2.除染の効果

(除染前、除染後については、
測定箇所ごとの全地点の空間放射線量の平均値です)

(1)渡利小学校通学路

 ・通学路延長  680メートル
 ・測定ポイント 延べ324箇所

 【測定高さごとの除染効果】                 
(単位:マイクロシーベルト/時間)
測定箇所
除染前
除染後
除染率
(パーセント)
測定高1センチメートル
2.1
1.5
28.6
測定高50センチメートル
1.5
1.1
26.7
測定高1メートル
1.6
1.2
25.0

 【測定高さ50センチメートルでの除染効果】
               (単位:マイクロシーベルト/時間)
測定箇所
除染前
除染後
除染率
(パーセント)
道路(側溝)端
1.8
1.3
27.8
道路端より50センチメートル
1.7
1.2
29.4
道路端より1メートル
1.4
1.1
21.4

※詳細な測定場所については、下記よりご覧いただけます

⑵南向台小学校通学路

・通学路延長 830メートル
・測定ポイント 延べ261箇所

【測定高さごとの除染効果】
               (単位:マイクロシーベルト/時間)
測定箇所
除染前
除染後
除染率
(パーセント)
測定高1センチメートル
2.4
2.1
12.5
測定高50センチメートル
1.8
1.6
11.1
測定高1メートル
1.7
1.5
11.8

【測定高さ50センチメートルでの除染効果】
               (単位:マイクロシーベルト/時間)
測定箇所
除染前
除染後
除染率
(パーセント)
道路(側溝)端
2.0
1.7
15.0
道路端より50センチメートル
1.8
1.5
16.7
道路端より1メートル
1.6
1.4
12.5

 ※詳細な測定場所については、下記よりご覧いただけます
》 南向台小学校通学路除染モデル事業測定結果 【4.6MB】


⑶民家除染

 ・測定ポイント  
雨どい:9地点、玄関前: 2地点、庭:13地点、室内:3地点

【測定箇所ごとの除染効果】
(単位:マイクロシーベルト/時間)
測定箇所
除染前
除染後
除染率
(パーセント)
雨どい
6.8
1.6
76.5
玄関
0.9
0.8
11.1
庭等
1.5
1.2
20.0
室内
0.5
0.4
20.0

※詳細な測定場所については、下記よりご覧いただけます
》 民間除染測定結果 【PDFファイル:436KB】

3.作業者の放射能の影響

側溝集水枡の土砂上げ等の作業者4人に、
積算放射線測定器を携帯させ
作業環境における放射能の影響について測定しました。

・平均作業時間   午前6時から12時までのうち  計3.6時間

                                            (単位:マイクロシーベルト/時間)
作業内容
作業時間
積算線量
時間当たり線量
集水枡土砂上げ
側溝土砂上げ
通学路除染
2.5から5.5時間
2から4
0.7から1.0

4.その他

今回の結果は、除染事業における速報版です。
全てのデータについては、周辺環境からの影響等について
分析等が終了していないことや、
作業内容の検証等が終了していいないことから、
今後の福島ふるさと除染計画を作成する上での
モデル事業として詳細な分析が必要です。
なお、詳細な検証については、
福島ふるさと除染計画の中でお示ししていきます。



■お問い合わせ■
環境部環境課
電話:024-525-3742

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。