ガン 年次推移

(c) 独立行政法人国立がん研究センターがん対策情報センター年次推移

更新日:2010年11月30日    掲載日:2006年10月01日
このページのデータは 集計表のダウンロード でご利用になれます

1.まとめ

  • がんの死亡数と罹患数はともに増加し続けている。
  • がんの死亡数と罹患数の増加の主な要因は人口の高齢化。

●人口の高齢化の影響を除いた年齢調整率でみた場合
全がん死亡男女計1960年代に微増、その後1990年代前半まで微減し、1990年代後半から減少。
男性1980年代後半まで増加し、1990年代後半から減少。
女性1960年代後半から減少。
罹患*男女計1975年以降1990年代前半まで増加しその後横ばい、2000年前後から再び増加。
男性1990年代前半まで増加しその後横ばい、2000年前後から再び増加。
女性1990年代前半まで増加しその後横ばい、2000年前後から再び増加。


●主要部位別の年齢調整率の近年の傾向
死亡男性増加(なし)
減少食道、胃、結腸、大腸(結腸および直腸)、肝臓、胆のう・胆管、肺、前立腺、白血病
横ばい直腸、膵臓、悪性リンパ腫
女性増加膵臓、乳房
減少食道、胃、結腸、直腸、大腸(結腸および直腸)、肝臓、胆のう・胆管、子宮、悪性リンパ腫、白血病
横ばい肺、卵巣
罹患*男性増加肺、悪性リンパ腫、白血病
減少結腸、大腸(結腸および直腸)、肝臓、胆のう・胆管
横ばい食道、胃、直腸、膵臓、前立腺
女性増加膵臓、肺、乳房、子宮、卵巣
減少肝臓、胆のう・胆管
横ばい食道、胃、結腸、直腸、大腸(結腸および直腸)、悪性リンパ腫、白血病
* 罹患データは、地域がん登録全国推計値に基づいています。罹患率の増減には、リスク要因の分布、検診・診断技術の普及などに加えて、地域がん登録におけるデータ把握の正確さや、全国推計に含まれる地域の違いなどが影響します。

2.がん死亡の年次推移

1)がん死亡数

  • 男女とも、がんの死亡数は増加し続けている。
  • 2009年のがん死亡数は、1975年の約2.5倍。
  • がん死亡数の増加の主な原因は人口の高齢化。
部位別がん死亡数の推移 男性 部位別がん死亡数の推移 女性

2)がん年齢調整死亡率

  • がんの死亡率が増加しているかを調べる場合、「年齢調整死亡率」がよく用いられます。
  • 「年齢調整死亡率」は、高齢化など年齢構成の変化の影響を取り除いたものです。
◆全がん
・年齢調整がん死亡率の推移(全年齢)
年齢調整がん死亡率の推移(全年齢)

・年齢調整がん死亡率の推移(75歳未満) 年齢調整がん死亡率の推移(75歳未満)
部位別がん年齢調整死亡率の推移(主要部位) 男性 部位別がん年齢調整死亡率の推移(主要部位) 女性

部位別がん年齢調整死亡率の推移(詳細部位) 男性 部位別がん年齢調整死亡率の推移(詳細部位) 女性

3)年齢階級別死亡率の年次推移(1965年、1985年、2009年の比較)


◆全がん
  • 男性では40歳代から60歳代の死亡率は変化が小さく、80歳代以上の死亡率が増加。
  • 女性では40歳代から60歳代の死亡率が減少し、85歳以上の死亡率が増加。
年齢階級別死亡率複数年 男性 年齢階級別死亡率複数年 女性
◆部位別では
  • 胃がん…男女とも40歳代から70歳代の死亡率が減少。
  • 結腸がん…男女とも50歳代から死亡率が増加。
  • 直腸がん…男性では50歳代から60歳代で死亡率が増加、女性では1980年代以降死亡率が減少。
  • 肝臓がん…生まれた年代によって死亡率が異なる(出生コホート効果参照)。
  • 肺がん…生まれた年代によって死亡率が異なる(出生コホート効果参照)。
  • 前立腺がん…60歳代後半から死亡率が増加。
  • 乳がん…30歳代後半から70歳代前半で死亡率が増加。特に50歳代の死亡率増加が目立つ。
  • 子宮がん…年齢階級を通じて死亡率が減少傾向だが、30歳代では1980年代以降死亡率が増加。
  • 卵巣がん…1960年から1980年に40歳代以上で死亡率が増加。

3.がん罹患の年次推移(全国推計値に基づく)

1)がん罹患数

  • 男女とも、がんの罹患数は1975年以降増加し続けている。
  • 2005年のがん罹患数は1975年の約3倍。
  • がん罹患数の増加の主な原因は人口の高齢化。
部位別がん罹患数の推移 男性 部位別がん罹患数の推移 女性

2)がん年齢調整罹患率

  • がんの罹患率が増加しているかを調べる場合、「年齢調整罹患率」がよく用いられます。
  • 「年齢調整罹患率」は、高齢化など年齢構成の変化の影響を取り除いたものです。
◆全がん
・年齢調整がん罹患率の推移(全年齢)
部位別がん年齢調整罹患率の推移 男女

・年齢調整がん罹患率の推移(75歳未満)
部位別がん年齢調整罹患率の推移(75歳未満) 男女
部位別がん年齢調整罹患率の推移 男性 部位別がん年齢調整罹患率の推移 女性

部位別がん年齢調整罹患率の推移(詳細部位) 男性 部位別がん年齢調整罹患率の推移(詳細部位) 女性

3)年齢階級別罹患率の年次推移(1985年、2005年の比較)


◆全がん
  • 男性で60歳代から罹患率が増加。
  • 女性で40歳代から50歳代と70歳代後半以上で罹患率が増加。
年齢階級別罹患率複数年(全部位) 男性 年齢階級別罹患率複数年(全部位) 女性
◆部位別では
  • 胃がん・・・男女とも30歳代以上のほぼすべての年齢層で罹患率が減少。
  • 大腸がん(結腸がん、直腸がん)・・・男女とも40歳代後半から罹患率が増加。
  • 肝臓がん・・・生まれた年代によって罹患率が異なる(出生コホート効果参照)。
  • 肺がん・・・生まれた年代によって罹患率が異なる(出生コホート効果参照)。
  • 前立腺がん・・・60歳代から罹患率が増加。
  • 乳がん・・・30歳代後半から罹患率が増加。特に40歳代後半から50歳代前半の罹患率増加が目立つ。
  • 子宮がん・・・20歳代から30歳代では罹患率が増加。50歳代から罹患率が減少。
  • 卵巣がん・・・40歳代から罹患率増加が目立つ。

4.がんの罹患と死亡の年次推移

  • 男女計では、年齢調整罹患率は1975年以降1990年代前半まで増加しその後横ばい、2000年前後から再び増加。年齢調整死亡率は1960年代に微増、その後1990年代前半まで微減し、1990年代後半から減少。
  • 2009年の75歳未満年齢調整死亡率は、2005年に比べて8.6%減少(92.4 → 84.4人口10万対)。
・年齢調整死亡率と罹患率の推移(全年齢)
年齢調整死亡率と罹患率の推移(全年齢)

・年齢調整死亡率と罹患率の推移(75歳未満)
年齢調整死亡率と罹患率の推移(75歳未満)
利用方法とデータソースについては集計表のダウンロードをご参照ください。

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

福島県のホールボディカウンター 疑惑・・・検査方法と結果報告