初期の内部被ばく 状況判明
11月30日のニュース

東京電力福島第一原子力発電所の事故後の早い時期に福島県内で活動した医療関係者などから放射性ヨウ素が検出され、事故から1週間以内に活動した人の値が高いことが長崎大学の調査で分かりました。放射性ヨウ素は福島県の健康調査では検出されず、今後、福島県民の被ばく線量を正確に推定するための資料として注目されます。

初期の内部被爆
長崎大学は、
原発事故の直後から1か月の間に
福島県内で活動した
長崎県の医療関係者など
およそ170人に対し、
活動のあと、
ホールボディーカウンターという機器を使って
内部被ばくの検査を行い、
その結果をまとめました。
それによりますと、
全体のおよそ32%に当たる55人から
放射線の量が半分に減る
「半減期」が8日と短い放射性ヨウ素が
検出されました。
甲状腺にたまった放射性ヨウ素によって
生涯にわたって受ける内部被ばくの線量
最も高い人で
15ミリシーベルトでした。
特に事故から1週間以内に活動した人の値が
高い傾向にあるということです。
内部被ばくの線量はいずれも
健康に影響が出る値ではないということです。
放射性ヨウ素は、
福島県の健康調査のうちことし6月以降に
一部の住民を対象に行われた
内部被ばくの検査では検出されず、
今後、
住民の被ばく線量を
正確に推定するための資料として注目されます。
調査に当たった
長崎大学の松田尚樹教授は
「早い時期の検査のデータを分析することで、
福島県民の内部被ばく線量の
正確な評価につなげたい」
と話しています。
この調査結果は、
30日、横浜市で開かれる学会で発表されます。

---
NHK

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。