広河隆一氏記者会見




白い点は、肺の中のプルトニウム

IAEAでは、死んだヒトは、28人だけになっている。
この白い書類は、カルテ
避難民達が通過する病院で
放射能を測定し、症状等を書き綴られたカルテ

急性放射線障害
嘔吐・下痢・喉にものすごい放射能があると記録されている

このカルテは、推進する国家にとっては邪魔だった

このカルテが保管されている倉庫は3回火事にあっている
写真に写っているカルテだけが残った



放射線障害は無いとした
病気は、ストレスによるものとした

現地のヒトは怒って言った

5才の子どもが、放射能のことが理解できるか?
動物たちも放射能のことが理解できておかしくなっているのかと!






 サナトリウム

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!