セシウム汚染防止に新技術

http://jstshingi.jp/abst/p/10/1030/hiwava5.pdf

セシウム汚染防止に新技術 

 県立広島大生命環境学部(庄原市)の三苫(みとま)好治准教授(41)=環境化学=のグループが、金属カルシウムを使って、土壌中のセシウムが水に溶けて広がるのを防ぐ「不溶化」技術を開発した。福島第1原発事故で漏出した、水溶性の高い放射性セシウムの二次汚染防止に有効という。21、22日に東京である「イノベーション・ジャパン2011大学見本市」で発表する。
 1万分の1ミリ以下に砕いた金属カルシウムを中心とした薬剤を、セシウムを含む土に加えて混ぜる。薬剤が土中の水分を吸収して反応、水に溶けにくい水酸化カルシウムができる過程で、セシウムを閉じこめる仕組み。
 セシウム約0・1ミリグラムを混ぜた10グラムの土での実験では、94%以上の不溶化に成功。三苫准教授によると、直方体などに成型し、表面積を減らして固めれば、セシウムはほぼ閉じこめられるという。
 セシウムと、原発事故で問題化している放射性セシウムは、化学的性質は変わらない。
 放射性セシウムで汚染された表土を地中に埋めて処理した場合、放射性セシウムが地下水や雨水に溶けて広がる危険性を伴う。不溶化処理を経て埋めればその心配はないとしている。試算した処理費用は1トン当たり約1万円。

11年9月16日
汚染土 「不溶化」に新技術

県立広島大生命環境学部(庄原市)の三苫(みとま)好治准教授(41)=環境化学=のグループが、金属カルシウムを使って、土壌中のセシウムが水に溶けて広がるのを防ぐ「不溶化」技術を開発した。福島第1原発事故で漏出した、水溶性の高い放射性セシウムの二次汚染防止に有効という。21、22日に東京である「イノベーション・ジャパン2011大学見本市」で発表する。

1万分の1ミリ以下に砕いた金属カルシウムを中心とした薬剤を、セシウムを含む土に加えて混ぜる。薬剤が土中の水分を吸収して反応、水に溶けにくい水酸化カルシウムができる過程で、セシウムを閉じこめる仕組み。

セシウム約0・1ミリグラムを混ぜた10グラムの土での実験では、94%以上の不溶化に成功。三苫准教授によると、直方体などに成型し、表面積を減らして固めれば、セシウムはほぼ閉じこめられるという。

セシウムと、原発事故で問題化している放射性セシウムは、化学的性質は変わらない。

放射性セシウムで汚染された表土を地中に埋めて処理した場合、放射性セシウムが地下水や雨水に溶けて広がる危険性を伴う。不溶化処理を経て埋めればその心配はないとしている。試算した処理費用は1トン当たり約1万円。

グループは2004年から、土中の重金属などの不溶化技術を研究。三苫准教授は「ほかの放射性物質の不溶化にも応用が可能だろう。本格的に実用化し、福島県の放射線除去に役立てたい」と話している。(菊本孟)

(2011年9月16日朝刊掲載)



コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!