双葉町 賠償説明中断申し入れ


双葉町 賠償説明中断申し入れ

9月17日 20時58分 twitterでつぶやく(クリックするとNHKサイトを離れます)
原発事故の損害賠償の請求にあたり、東京電力が窓口で始めた住民への説明について、警戒区域に指定されている福島県双葉町は、対応が不親切だとして、いったん中断するよう東京電力に申し入れました。
これは、双葉町の井戸川克隆町長が、福島県郡山市で開かれた福島県と県内の自治体との意見交換会の中で明らかにしたものです。東京電力は原発事故の損害賠償の請求にあたり、今週から各地に窓口を設けて手続きの説明を始めていて、双葉町の住民は、福島県内と埼玉県内に設けられた2か所の窓口にこれまでにおよそ230人が訪れたということです。窓口での対応について、井戸川町長は「何の落ち度もないのに、一方的に手続きをするよう促されるなど、町民は優しくない対応だと受け止めている」と述べ、対応が不親切だと指摘しました。そのうえで井戸川町長は、住民への説明をいったん中断するよう、町長名の文書で東京電力に申し入れたことを明らかにしました。文書は西澤俊夫社長に宛てて出され、17日に町の職員が東京電力の担当者に手渡したということです。会議のあと、井戸川町長は「あまりにも町民からの苦情が多く、町としては、現時点では中断を決断せざるをえない。もう少し町としての意見をまとめたうえで、今後のことを検討していきたい」と話しています。

原発事故の損害賠償を巡って、福島県の双葉町が、対応が不親切だとして住民への説明を一時中断するよう申し入れたことについて、東京電力広報部の栗田隆史課長は「不十分な点があるという指摘であればおわびしたい。皆さんのいろいろな意見を受け止めたうえで、今後は町の関係者と相談をしながら進めて参りたい」と話しています。

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。