農環研における放射能モニタリングの研究について

農環研における放射能モニタリングの研究について (リンク集)

農業環境技術研究所では、文部科学省の支援のもと、農林水産省から依頼を受け、農作物や農地土壌中の放射性物質の長期モニタリング調査と環境中での動態を明らかにする研究とを実施してきました。これらの調査・研究は、原子炉事故等による農作物の放射能汚染について、不要な不安を取り除き、必要な予防手段を講じることをめざしたものです。
以下には、農業環境技術研究所のウェブサイトで公開されているこれまでの調査研究の成果や解説記事を、新しいものから順にご紹介します。
(4) 主要穀類および農耕地土壌の 90Sr と 137Cs 分析データ (データベース・画像情報 2009年)
(9) 主要穀物に含まれる人工放射性核種 (PDF) (農環研研究成果発表会2006 発表ポスター 2006年)
(10) 環境放射能の調査研究 (PDF) (「散策と思索」より、(12)のPDF版 2005年)
(20) 放射性核種の土壌から白米への移行係数 (研究成果情報 1997年)

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。