テクネチウム99m

検査で子ども150人が過剰被曝 甲府の病院 2011年9月1日3時0分


写真:検査で過剰な内部被曝があった市立甲府病院=31日、甲府市増坪町


図:放射性物質を使った検査のイメージ

 甲府市立甲府病院(小沢克良〈かつら〉院長)の
放射性物質(放射性同位元素)を使った検査で、
日本核医学会などが勧告する基準を超える同位元素が投与され、
子ども約150人が過剰に内部被曝(ひばく)していたことがわかった。
同病院は1日、会見を開き、調査結果を公表する予定。
複数の関係者によると、原因は放射性物質「テクネチウム」を使った検査。これが入った検査薬を患者に静脈注射する。
 同病院で1999年から今年までにこの検査を受けた15歳以下の子どもに同医学会や日本放射線技師会など複数の推奨基準を超える量のテクネチウムが投与された。うち40人が10倍以上だった。
 過剰投与された子どもたちの全身の内部被曝線量を算出すると生涯の推計で平均約30ミリシーベルト。多い子で150ミリシーベルト以上だった。
患者に何らかの利益がある医療被曝と何の利益もない原発事故の被曝は単純に比較できないが、福島県による東京電力福島第一原発周辺の住民の検査では、これまで全員が生涯の内部被曝線量(推計)が1ミリシーベルト未満だった。
全身の被曝線量が100ミリシーベルトを超えると成人でもがんのリスクが高まる恐れがある。子どもは放射線の健康影響を3倍以上受けやすい。ただし、今回は間隔をあけて複数回の検査を受けた子も含まれることなどから、検査直後に健康被害が出る被曝線量ではないとみられている。



市立甲府病院長 技師任せ謝罪



12年間にわたり、基準値を超える「テクネチウム99m」が15歳以下の子ども84人に投与されていた山梨県甲府市立甲府病院では1日、小沢克良院長が記者会見を開き、謝罪した。
責任者の男性放射線技師(54)が独断で投与量を決め、医師が実態を把握せずに現場任せとなっていたことも明らかになった。
小沢院長は会見の冒頭、厳しい表情を浮かべながら「医療被曝ひばくを減らすよう努力するのが病院の使命なのに組織体制が不十分だった。患者とその家族には心からおわびを申し上げたい」と頭を下げた。
会見に同席した野方容子放射線部長は「私が現場に任せきりだったのが一番問題だったと思う。投与する時に確認すべきだった」と釈明した。今後の対策として、日本核医学会のガイドラインに基づいて検査薬品の基本投与量を決めるとともに、医師が適正な投与量を指示するように改めるという。男性技師は現在、現場を離れて事務作業を担当しているといい、今後の処分については市に一任するという。病院は、過剰投与が明らかになった84人のほかに、放射性物質を使った検査を受けていた61人の子どもについても通知を出し、無料の個別相談を受け付ける方針だ。
宮島雅展・甲府市長は、市立甲府病院で不適切な検査が行われていたことについて、「患者とご家族の皆様に心配をおかけし、心からおわび申し上げる。個別に健康相談などを実施し、管理態勢を強化したい」とのコメントを発表した。

専門家「常軌逸した量」

核医学検査に詳しい専門家らからは、「核医学検査の信頼を失いかねない」などと危機感を募らせる声が相次いだ。核医学検査と被曝の関係に詳しい埼玉医大総合医療センター放射線科の本田憲業教授によると、子どもの場合、放射性物質の投与量は年齢や体格から個別に計算するが、基本的には必ず医師が関与しており、放射線技師が独断で行うことは考えにくいという。本田教授は「検査による被曝は診断が可能な画質が得られる最低限の線量に抑えるのが大原則。今回のような事態は、核医学検査の信頼性を失いかねない深刻な事態」と語った。
日本放射線技師会長の中沢靖夫・昭和大学統括放射線技術部長は「画像が見えにくい場合は専門医師に相談して、投与量を増やすかどうか決めるのが原則。放射線技師が単独で薬を増やすということはあり得ず、これほどの異常な被曝線量になることは考えられない」と話し、日本放射線技師会として調査委員会を設置する考えを示した。
推奨量の10倍のテクネチウム99mが投与されていたことについて、山梨県立中央病院の宮崎旨俊・放射線技師長は「(10倍は)常軌を逸した数字。健康への影響については専門家の間でも意見が割れており、現時点での評価は難しい」としている。
(2011年9月2日 読売新聞)

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

福島県のホールボディカウンター 疑惑・・・検査方法と結果報告