http://kodomofukushima.net/index.php?active_action=journal_view_main_detail&block_id=210&page_id=0&post_id=47&comment_flag=1




子どもたちの声 書籍化に向けての募集(タイトル未定)

我が子の「放射能っていつなくなるの」という素朴な疑問に親として答えてあげれなかった。。。
そこから私のこのプロジェクトが始まりました。

子どもって、実は色んなことを知っていて、色んなことを考え、怒り、悲しみ、沢山の感情をもっているに違いない。

一番の被害者はなんの罪もない、利害関係もない子どもたち。

その子どもたちの声がどこにも届けられないのは、やっぱりおかしい。

きちんと子どもの目線に立って、子どもの声を吸い上げ、発する場を作ってあげるのも大人として、親として大切な役目の1つだと考えます。

後世に残す大事な大事な心の叫びとして、1冊の本にしたいと思います。
書籍化に向けて、まだまだ子どもたちの声を募集したいと思います。

子どもたちの直筆であれば、どんな形でも結構です。
作文・手紙・箇条書き・絵など。

小さなお子様が書いた絵などは、保護者さまからの解説などもあると助かります。

年齢も問いません。
小さなお子様や、小学生だけではなく、中学生も高校生も書いてみませんか?
どうぞよろしくお願いします。

募集締め切りは2011年11月末日(後日変更の可能性有り)

あて先
960-6621 福島県福島市町庭坂原ノ内14 あんざい果樹園様方
「子どもたちの声」と封筒に一言添えて 西片宛て
書籍化にあたり、確認事項などがありますので、保護者様の連絡先(電話番号)も添えていただきますようお願いいたします。

責任者:西片嘉奈子 090-6554-3017

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

福島県のホールボディカウンター 疑惑・・・検査方法と結果報告