タブー?原発爆発の原因は菅の視察か


初期(※1)の官邸資料では、東電が政府にベント=減圧バルブ開放作業の要請(※2)をしたと思われる12日AM3:00より2時間半も前に、既に炉の内圧が規定の1.4­倍、AM4:00では規定の2倍にまで達していたとある。そんな大事な時に菅総理は、パフォーマンスのために視察すると言い出し、テレビカメラまで引き連れて現地に向かっ­た。その時の視察ご一行様が誰も防護服を身に着けていなかったのは、ニュース映像でも明らか。もし、総理がベントを許可していたなら、防護服も身に着けずに、わざわざ空か­ら放射性蒸気を浴びに行くだろうか? これは視察終了までベントを止めていた決定的証拠ではないのか。初期の官邸資料では、東電がベントに取り掛かったのは、菅総理が視察から戻った後のAM9:00。一号機に­2つあるうちの1つの弁が高圧で開かなかったと書かれている。要請から6時間のロス。これでは原発事故は起こるべくして起こったということになる。石原さんは、政権の偽証­?を前提にしているのか2,3時間のロスと言っています。しかし、いずれにしても、菅総理が犯罪的なミスを犯し、背後にある大きな権力がそれを隠蔽している可能性がある。­実際、投稿者が読んだ雑誌やメディアでは、ほぼ例外なくこの件を東電のミスにしている。とても恐ろしいことです。

※1 官邸資料は初期のものでないと意味が無い。官邸がミスを隠すために資料を改ざんしまくったらしく、矛盾だらけだから。
自分が参照したのはこれですが







































http://www.kantei.go.jp/jp/kikikanri/jisin/20110311miyagi/201103122050.pdf
官邸による資料の改ざんについては、下の3つの動画を参照願います。
※2 蒸気が放射性で住人の避難対応が必要なため、ベントには総理大臣の許可が必要との事。

現政権がウソをウソで塗り固めてきた形跡・矛盾が指摘されている動画3点。(この順番でご覧ください。)
改竄?原発災害初動対応を一次ソースから読み解く

http://www.youtube.com/watch?v=cv_g5r2FiJ8
(後半部の12日AM9:51の枝野氏の記者会見で、「『先ほど』圧力降下の措置を取った。」と発言している。9:51から見て『先ほど』というのは、菅総理が視察から戻­ったAM9:00ごろを指すのではないか。AM6:50のベントの指示というのは、でっち上げくさい。)


【追跡】6時50分 政府ベント指示の謎!! 
http://www.youtube.com/watch?v=11PSsEOaUw8


菅内閣の犯罪~原発災害初動対応が嘘や隠蔽だらけだった件
http://www.youtube.com/watch?v=DdBdf7KRBFo





(この動画で証言している青山繁晴というジャーナリストは、信用の置けない人物です。理由はコメント欄を参照。民主党のウソを正当化するための偽証をしている可能性がある­。)


国民を挙げて自民党に「単独」で政権を取らせない限り、真相は闇の中でしょう。自「公」政権に戻るだけでは、本格的な追求はできないと思います。下の別動画後半部で指摘し­ているとおり、公明党は民主党の仲間ですから。

タブー?これが福島第一原発事故の真相か (政府の震災対応まとめ)
http://www.youtube.com/watch?v=93D-euoy9Og

恐らく先の総選挙で、公明党と民主党に投票したであろう創価学会800万世帯の皆さん。その意味をわかってもらえませんか? 悲しいかな今の日本では、国を活かす殺すも、皆さんの投票先次第なのです。。






コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。