6月6日MBSラジオ小出裕章氏「77万テラBq放出、テルル132、プルトニウム検出等について」


6月6日MBSラジオ小出裕章氏「77万テラBq放出、テルル132、プルトニウム検出等について」
6月6日の「たね蒔きジャーナル」の
小出裕章助教による解説です。
毎回YouTubeにアップして頂き心より感謝を申し上げたい。



メインキャスター(以下「MC」):水野晶子さん
コメンテーター:平野幸夫・毎日新聞「ほっと兵庫」編集長


※完全なテキスト化ではありません。
毎度の言い訳、誤字脱字等ご了承下さい。
( )は補足等。



MC:京都大学原子炉実験所助教、小出裕章先生に伺いました。
小出さん、こんばんは。

小出氏:こんばんは。

平野氏:こんばんは、よろしくお願いします。

MC:今週もどうぞよろしくお願い致します。

小出氏:はい、よろしくお願いします。

MC:まず、福島第一原発事故で放出されました放射性物質の量について
伺いたいと思います。
今日、ニュースでもお伝えしたのですけれども、
これまでの放射性物質の量を、安全保安院が解析をしまして、
結果を、今までとは違う数字を出して来ました。
この数字が、驚くべき事に、倍になっているのですね。
具体的に言いますと、37万テラBqと言っていたものを、
77万テラBqに変えたという事です。
37万テラBqから77万テラBqに変わるという事は、
これ、どういう意味を持っていますか。

小出氏:もともと安全委員会は、確か63万テラBqと言っていたと思いますし、
要するに、評価の仕方によってそんな数字はいくらでも
変わってしまうという事だと思います。

MC:では、私達は何を信じたら良いのですか。

小出氏:解りませんけれども、私はたぶんもっとずっと多いと思います。

MC:もっと多いと思われますか!
どれはどうした根拠からでしょう。

小出氏:例えば、海へ流出している放射性物質については、
ほとんどまだ何も解らないまま、流れて行ってしまっていると思います。

MC:そういったものも、加算されてのこの数字では、
今の所ないのですね。

小出氏:今回たぶん保安院が出したのは、
海へ出たものを加算したものだと思いますけれども、
たぶん保安院のものはまた過小評価だと私は思います。

MC:しかしながら、この間出ていました37万テラBqという数字は、
これをもとにして、この事故は、チェルノブイリと並ぶレベル7だと、
いうふうに言われた根拠となった数字ではないのですか。

小出氏:もちろんそうです。

MC:という事は、もうこれ以上ないというような、私など素人から思いますと、
最悪な数字だった訳ですよ。
それがいとも簡単に倍になり、
あるいは小出先生はもっと多いのではないかとおっしゃる。
チェルノブイリに比べて、そんなに大きな事に今なっているのですか。

小出氏:チェルノブイリは、もっとずっと多かったです。
37万よりはたぶん1桁多かったと思います。

MC:放射性物質の量は、チェルノブイリの方がもっと多いのですか。

平野氏:何か10分の1と言っていましたですよね。

小出氏:はい、そうです。

MC:そうか、確か10分の1でしたよね。

小出氏:ですから、チェルノブイリに益々近付いているという事です。

MC:では、チェルノブイリの10分の1にしか過ぎないと思っていたら、
この数字はこれから変わるやもしれないという事ですね。

小出氏:もちろんです。
ですから、私は初めから、チェルノブイリは一応収束しているけれども、
福島原発の事故は現在進行中ですので、
どんどんチェルノブイリに近付くし、それを超えてしまうかもしれない、
というふうに皆さんにお伝えして来たつもりでした。

平野氏:あと、先生が今おっしゃった、海洋汚染の所謂放射線量というのは、
これはまた解らないのですよね、まだ。

小出氏:そうです。

平野氏:これは、当初10日間で4か所を測定しているという発表が、
今になって解ったのですけれども、
今は何か政府は、海洋調査ポイントというのは公表しているのですか。

小出氏:私自身が見た事がなくて、散発的にデータは出て来ていますけれども、
本当にもしやる気であれば、もっと測定ポイントを強化して、
あるいは、これもお伝えしたと思うのですけれども、
海岸線沿いの海藻の汚染を調べるという事で、
かなりのデータが取れると思うのですけれども、
そのデータも、私は未だに見た事がありません。

MC:未だに取るべきデータが取られていないのか、
取っているけれども出していないのか・・・

小出氏:どちらかだと思います。

MC:どちらでも許せませんけれども。

小出氏:はい。

MC:それから、このデータのひとつで、テルルというものが検出された、
という話が出て来ました。
ラジオネーム(省略)という方なのですけれども、
「小出先生に質問させて下さい」という事でメールを頂いております。
「放射性物質テルル132というものが検出されたのですが、
これ、どんなものなんですか」というふうに聞いてらっしゃいます。

小出氏:これは、ヨウ素132という、私達が注目している放射性物質の
親核種というのですけれども、
ヨウ素132自身は物凄い寿命が短いのですが、
テルル132というものが出て来てしまいますと、
それから常にヨウ素132が生み出されて来てしまうという事で、
テルル132を見ていないと、ヨウ素132の挙動が解らないという、
そういう特殊な放射性核種です。

MC:ヨウ素の元みたいなものですか。

小出氏:そうです。

MC:このテルルが、今の話ですと、水素爆発の前にもう検出されていた、
という事なのですが、これは何を示しますか。

小出氏:要するに、燃料棒の被覆管というものが、
破れない限りはテルルというものは出て来ないのです。
ですから、事故の極々初期にもう燃料棒の被覆管が
破損をしてしまっていた、という事を示しています。

平野氏:かなり高熱・・・何か報道を見ると、1000℃を超えていたのではないかと。

小出氏:そうです。
1000℃と言っても良いですし、私は850℃だと思うのですが、
ジルコニウムという被覆管の合金が水と反応する温度が850℃、
あるいは900℃と言われて来ました。
ですから、もう事故の本当の初期の段階でその温度に達してしまって、
被覆管がもう壊れてしまったという事を、示しています。

MC:何故その情報が今頃出るのですか。

小出氏:それは、本当に不思議です、私は。

平野氏:それでは、保安のいつも(記者会見に)出る西山審議官が、
情報を整理して公表する発想がなかったと言って、
今回この修正に当たって、弁明しているのですけれども、
少し驚くべきコメントですよね。

小出氏:(失笑しつつ)そうですね。

平野氏:もうびっくりしたのですけれども。
発想がなかったって、保安院はそれは仕事ですよね。
一種の。

小出氏:それこそ、やらなければならない一番の仕事だと思います。

MC:もしこのテルル132が検出されている事を、
事故直後に公表していたならば、
避難する皆さんに対するいろいろなコメント等も変わった、
というふうに思われます?

小出氏:もちろん、そうです。
もうそういう極初期の段階で燃料の破損が始まっているという事が
解っている訳ですから、今聞いて頂いたように、
テルルが出て来るという事はヨウ素も出て来ているという事ですので、
早急に子供達にはヨード剤を飲まさなければいけないし、
住民に対する防護措置というものが本来は為されなければいけなかった、
と思います。

MC:このテルルというものの存在によって、
もっと早急に避難する方々の安全を図るためにやれる事は、
実際にあった訳ですよね。

小出氏:もちろんです。
私がもしその現場にいれば、そうしたと思います。

MC:この発表をしなかったというのは、非常に意味が大きいではないですか。

小出氏:発想がなかったと言われてしまうと、
はい、と言うしかありませんし、呆れるしかありません。

MC:でも私、事故の翌日の3月12日の枝野官房長官の夕方の会見を
見直したのですよ、今日。
そうしたら、こういうふうにおっしゃっておりました。
「放射能はきちっと測定されておりまして、
放射性物質の把握に努めて、周囲の皆さんの安全については、
万全を期している所でございます」と。
「万全を期して、いざという時のためにヨウ素も用意しています」と
おっしゃっているのです。
でももう既にこのヨウ素をちゃんと皆さんに体の中に
入れてもらっておかなければいけない段階だったのですね。

小出氏:本当ならば、そうだったと思います。

MC:情報が遅れるって、こういう事を引き起こすのですね。

平野氏:先生、これを時系列から言いますと、
3月12日の午前8時半にこの物質(テルル132)を検出して、
その日の午後6時半に(避難区域を)20kmに拡大しているのですよね。
10時間位あるのですけれども、この間に取るべき措置というのは、
いろいろ今先生がおっしゃられたように、考えられる訳ですよね。

これは、もう明らかに政府が解って20kmに拡大したのではないか、と、
これを隠したまま、ちょっと考えてしまうのですけれども、
そういう意図も考えられますよね。

小出氏:私は、そうだと思います。
ずっとお伝えして来ましたけど、日本の今の政府というのは、
事故の規模を、小さく見せたい小さく見せたいというふうに行動して来たように
私には見えます。
でも、本来防災の原則というのは、最悪の事態を考えて対処しなければいけない。
ヨード剤は飲ませる時を逃したら、全く意味がない訳ですから、
もっと迅速にやらなければいけなかったのだと思います。

MC:また、プルトニウムが検出されたという話も伝わって来まして、
これは原発から1.7km離れた土から出たと、
ある研究者の方の発表です。
プルトニウムについては、以前にも検出されたという話が出たのですが、
その時は文部科学省の調査で、微量検出されているけれども、
これは過去の核実験によるものである、というふうにされたのですね。

今回は、その研究者の方が、いや、これは核実験ではなく、
今回の事故が原因でのプルトニウムではないか、とおっしゃっているのですが、
小出先生の見解はいかがですか。

小出氏:詳細を私は承知していませんけれども、
たぶんそのプルトニウムを検出したとおっしゃっている方は、
私の知り合いだと思いますし・・・

MC:山本教授とおっしゃります。

小出氏:日本でのプルトニウム測定の第一人者ですので、
山本さんが言うのであれば、私は確かだと思います。

MC:プルトニウムが検出される事の意味を教えて頂けますか。

小出氏:プルトニウムというのは、なかなか核燃料の中からは
出にくい放射性物質なのです。
ウランもそうですけれども。
そういう、燃料の中から出にくいものまでが既に環境に出て来る程、
事態が悪化しているという事だと思います。

MC:出にくいものと言うと、プルトニウムが出るというのは、
余程核燃料が損傷しているという意味ですか。

小出氏:そうです、そういう意味です。

MC:プルトニウムの人体への悪性というものは、どうなのでしょう。

小出氏:人間が遭遇したうちで最も毒性の高い物質だと
思って頂いけば良いと思います。

MC:最も毒性の高い物質・・・

小出氏:100万分の1gを吸い込んだら、その人はガンで死ぬという、
その位です。

MC:100万分の1を吸い込んだら、とおっしゃいました?

小出氏:100万分の1gですね。

MC:100万分の1gを吸い込んだら死亡するという位の
恐ろしい物体なのですね。

小出氏:そうです。

MC:これを、国としては、いや、過去の核実験のものだというふうに
言っているという事について、どんな感想を持たれますか。

小出氏:過去の大気圏内核実験というのは、大変な犯罪的な事をした訳で、
大量のプルトニウムを大気中にばら撒いたという、
そういう時代が60年代であったのです。
ですから、それ自身がとてつもない事だった訳で、
地球上殆どプルトニウムで既に汚染されています。
その上に、今回福島の原発の事故があって、
福島原発の周辺が、プルトニウムで更に汚染されたいう事になっている訳です。
残念な事だと思います。

MC:今になって、こういう事が、ショッキングな事実が段々と解って来ております。
明日もどうぞよろしくお願いします。

小出氏:こちらこそ。

MC:京都大学原子炉実験所助教、小出裕章先生に伺いました。



2011/04/12(火) 08:41大鬼

報道によると、内閣・原子力安全委員会は4月11日、福島原発災害の発生直後、1時間あたり最大1万テラベクレル(1京Bq)の放射性物質が放出されていた。また原子力安全委員会は4月12日、3月11日から4月5日までのヨウ素・セシウムの大気中への放出総量を63万テラベクレルとの推計を発表した。ここにきて同委員会はようやく、福島原発災害が最悪のINESレベル(深刻度)であるレベル7に相当するとの見方を示した。

今回の政府の発表内容で最も驚きなのは、結局最初からレベル7になっていたということである。INES基準で最悪のレベル7は、放射性物質放出量が数京Bqになる原発災害であり、1時間あたり数千テラBqの放出であったとしても3月11日の間にすでにチェルノブイリと並ぶレベル7の大惨事が発生していたと見なすことができるはずだ。

問題は事故発生直後の数日のデータをこれまで政府が隠してきたことにある。別の記事で書いたが、気象庁は3月11日から数日間に異常に高濃度な放射性物質が飛散すると予報していたにもかかわらず、政府はこの予報を4月5日まで隠していた。より精密な予測をしているSPEEDIのデータのリアルタイム公開を拒み続けている。文科省が公表している放射性物質の降下量データも、3月11日~18日の部分が完全にぬけている(よって当ブログで公開している都道府県別放射性物質総降下量も3月19日以降の累積であるが、3月11日放出分の降下量を独自に計算してみたところ桁違いの量になった)。

つまり政府は、事故発生直後に放出されていた桁違いの量の放射能についての情報を隠し、適切な注意喚起を怠り、安全だ安全だと言い続けることで世論を誤った方向に誘導し、多くの人々に不必要な被曝被害を与えたということだ。チェルノブイリ級の事象が生じ「制御不能」の状態に現場が追い込まれていた時、政府もマスコミも御用学者ものんきにレントゲンの話などをしていたわけだ。原子力利権集団はどれだけ人をバカにしているのか。ニューヨークタイムズによれば米国の専門家も、日本政府がチェルノブイリ級の放射能放出を1ヶ月間も隠してきたことに衝撃を受けている。この記事に書いたように、チェルノブイリ原発災害では25年間に100万人が被曝が原因の病気で死んだ。政府は一連の情報隠蔽を正式に謝罪し、すべての情報を速やかに公開し、食品・水の基準を厳格にするなどして被害を最小にしなければならない。そして利権のために人命と持続可能な経済社会を犠牲にする原子力は、「安全性を高めて存続」といったインチキ茶番劇第二幕の準備に必死になっているが、産業まるごとこの世から消えてもらわねば困る。電力は自然エネルギーで十分足りるので原発を全部なくしても原子力利権集団以外に誰も困らない。

※原子力安全委員会は4月10日、非公開にしてきたSPEEDIデータを元に、原発周辺自治体における3月12日6時から4月6日0時までの外部被ばくの積算線量を公表した。これに基づいて避難地域をどうするかを議論しているわけだが、桁違いの放射能が出ていた3月11日の分を除外していることに注目してほしい。またこれは外部被曝の累積量であり、内部被曝はこれとは比べものにならないほど大きくなるが、そういう一番大事なことは計算から除外している。そしてそもそも予測のために使うはずだったSPEEDIを事後的にこんな被害でしたという形で使う。これが情報操作というものである。
阿修羅♪ > 原発・フッ素12 > 305.html   



テルル132が浪江町で検出された意味
http://www.asyura2.com/11/genpatu12/msg/305.html
投稿者 あっしら 日時 2011 年 6 月 04 日 13:46:07: Mo7ApAlflbQ6s


当該記事は、「千度以上を示す核物質」を見出しに書くだけで、その意味するところをまったく説明していない。
それは、菅政権が、12日“朝”(時刻を示せよ)の時点では、間違いなく1号機でメルトダウンが起きていたことを知っていたことを意味するデータだからである。

■ テルル132が浪江町で検出された意味

● 炉心の燃料被覆管が酸化し燃料棒表面が1800度以上の高温になり、最低限、燃料ペレットも溶融し始めていることを意味する。(メルトダウンの開始)

● テルル132の半減期は3.3日なので自動停止した炉心が再臨界に達しているかどうかは不明
※ テルル132が10日ほど経ってから、他の核種とのバランスで理論的推計値を超える量で検出されると再臨界が起きている可能性が高い

● 6km離れた浪江町でテルルが検出したということは、この前にすでに原子炉に“穴”があきさらに格納容器にも隙間ないし“穴”があったか、検出した時刻が1回目のベントである10:17のあとであったことを意味する。

※ 私の推論でしかないが、記事でいう12日朝というのは、たぶんウェットベントを行った10:17以後の時刻で、ベントの影響を知るために浪江町で採取した大気もしくは土壌で核種分析したのだろう。
ベントの前であれば、それなりに重い(ウランやプルトニウムのようにアルファ崩壊する法制性物質としてはもっとも軽い)テルル132が原発施設外に飛散することは考えにくいからである。意図的なベントなしにテルル132が飛散している状況は、原発施設が悲惨な状況になっていることを意味するからである。
最後に、保安院西山さんの、

>今回の「隠そうという意図はなかったが、国民に示すという発想がなかった。」

これは、6.2政局騒動と同じ、慎重に選んだ言葉で自分たちの責任や事実をうやむやにするペテン師的言辞である。
少し意訳すると、「自分たちが事故状況を分析するためには利用したが、知っても原発事故対応に役に立つとは思えない国民に示しても、あらぬことを考えたりただただ不安になってパニックになるだけだと判断したので公表しなかった」になるのでは,,,


コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

福島県のホールボディカウンター 疑惑・・・検査方法と結果報告