恐怖!既に国は小児癌の激増を想定している

小児がん“拠点病院整備すべき”/NHK

2011-06-09 19:52:02 | 社会

子どもが亡くなる病気で最も多い小児がんの医療態勢について話し合う国の専門委員会は、治療成績を向上させ長期的な診療体制を築くために「患者を集めて専門的な治療を行う拠点病院を整備すべきだ」という意見をまとめました。

この専門委員会は、来年から始まる国の新たながん対策の基本計画を作成するため、対策が遅れている小児がんの医療態勢を話し合うもので、8日は医師や患者家族などの専門委員ら10人が出席しました。小児がんは、子どもが亡くなる病気で最も多いにもかかわらず、全国各地の医療機関で治療レベルに大きな差があると指摘され、治療成績の向上が求められています。これについて委員からは「治療成績の具体的な目標を掲げて専門的な治療が行える態勢を作るべきだ」という意見や「厳しい治療によって生じる障害などを長期間にわたって診療できる態勢が必要だ」といった指摘が相次ぎました。そして、専門委員会は「患者を集めて専門的な治療を行う小児がんの拠点病院を整備すべきだ」という意見をまとめました。今後は拠点病院と地域の医療機関との連携などについて議論を進め、ことし8月までに報告書をまとめることにしています。

http://www3.nhk.or.jp/news/html/20110609/k10013409801000.html

確かに、女児の一部の年齢帯では小児癌が1位になっています。
また、
先天性奇形も小児癌に含む場合もありますが、
病院の整備という事は、
生後以降の子供を指し、
出生時の奇形は含まないのが常識です。

これを考慮すると、0~14歳の場合

1位 先天性奇形 574+ 498=1072人
2位 不慮の事故 318+184=502人
3位 小児癌 142+ 198=340人
となり、3位になります。

どういうことかというと、
国は既にこれから放射能の影響で激増する小児癌を見据えていて、
小児癌が死亡率1位になっても
昔からそうだったと何食わぬ顔で通すつもりなのでしょう

本来は、小児癌を起こさないように尽力すべきなのに、
小児癌になった後の対策しか考えていません。
要するに、
お金のことしか考えていないのでしょうね。







コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。