(2011年11月4日) TEPCO:N-植物キセノンは、臨界の結果ではありません


メイン

(2011年11月4日)

TEPCO:N-植物キセノンは、臨界の結果ではありません


東京電力は、その不自由福島第1原子力発電所2号機で検出された木曜日放射性キセノンは、自発核分裂ではなく、懸念されたように臨界と呼ばれる核連鎖反応の結果であると言いました。
東京電力は原子炉の運転中に放射性キュリウムが独自に分割された
自発核分裂は、
原子炉内部で散発的に発生していると述べた。
キセノン​​の微量の最近の検出はキュリウムの分割によって説明することができる、
それが言いました。
キセノン​​は、2号機の格納容器からのガスで火曜日が検出されました。
金額分であったが - 一約100立方センチメートルあたり000ベクレル - は
5日 - 東京電力は、小規模臨界事故が検出されたキセノンの2種類の短い半減期を考えると、
一時的に行われたことができると言いましたキセノン​​-133とキセノン135の9時間。
ただし、データを分析した結果、東京電力は、さらに小規模の臨界事故が
検出された量よりもキセノン万倍以上を生成する必要があることを説明し、
臨界が発生しなかったと結論付けた。
東京電力は、キュリウムの自発核分裂がアイドル状態原子炉の正常な現象であり、
それは原子炉を安定させるための継続的な努力を妨げないと述べた。
"原子炉の安定化や周辺環境に与える影響はありません、
"ユーティリティは言った。
(2011年11月4日)

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。