人工地震(地震兵器)は太平洋戦争中にもすでに存在した。 米軍B29から撒かれた毛筆で書かれたビラ 「地震の次は何をお見舞いしましょうか」は、 明らかに彼らが意図的に起こした人工地震であることを、 如実に物語っている。 また、地震波形にも注目! (もっともこれは観測地点の震源からの距離にもよるだろうが・・・) 東南海地震:「地震の次は何をお見舞いしましょうか」とB29がビラ








独立行政法人海洋開発機構は、研究業務の拡大及び国際化に伴い、 海洋研究の先進国である米国の研究機関との連携・協力を緊密に行うことが業務を推進する上で不可欠になっているため、2000年10月1日より、ワシントン事務所を開設し­ました。事務所所在地は、米国ワシントンD.C.です。
ワシントン事務所の主な業務としては、
地球気候変動研究、
深海掘削計画等の日米首脳会議のコモンアジェンダなどに位置づけられている具体的には、
深海地球ドリリング計画及­び各種海洋科学研究の推進のため、
米国科学財団(NSF)や
海洋大気庁(NOAA)等の関係機関
(主に、米国海岸近くに所在の関係機関)と、
直接かつ、日常的に連絡調整業­務を行います。




コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。