二本松市 放射線計測バッジを配布 女性にも 、高校生以下全員

   福島県二本松市は、

高校生以下全員妊婦40歳未満の女性約1万6千人を対象に、

積算放射線量2 件を計測できるフィルムバッジを配布することを決めた。

7月21日に開かれた市議会で、三保恵一市長が放射線対策を示すなかで明らかにした。

9月初旬には配布したいとしている。
   それによると、
(1)市内の全小中学校、幼稚園・保育所線量計を配備する

(2)市内約400か所土壌調査を実施して詳細な土壌汚染マップを作製する

(3)放射線量2 件軽減対策として市内の全小中学校に高圧洗浄機を1台ずつ配備する、

ことなども含まれている。

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!