福島 乳牛は 殺処分(asahi.com)殺処分後、 食肉 に回す 

2011年5月9日15時0分 朝日新聞

今月末までの住民の避難が求められている福島県内の
計画的避難区域にいる牛の移動について、
全国24都道府県が受け入れる意向を示したことがわかった。
農林水産省が受け入れを募っていた。
約9300頭が対象だが、受け入れ可能頭数は1万頭を超える。
同区域は畜産地帯で、農家が避難するうえで牛の処置が大きな課題になっていた。
農水省と福島県は、肉牛の繁殖用雌牛はなるべく移動させ、
乳牛の大半は殺処分で食肉とするなどの方針を決め
9日までに区域にあたる飯舘村、葛尾村などへ説明した。

農水省によると、同区域には東日本大震災直前の時点で
牛約9300頭、
豚約1万頭、
鶏約91万羽がいた。
このうち価値が高く、農家の希望も強い牛の処置を優先して検討してきた。
 農水省と福島県は全9300頭の牛について種類別に協議。
肉牛のうち、子牛はなるべく通常通りに競りにかける。
肥育牛は、適齢期なら食肉処理し、適齢期に達していなくても多少なら前倒し出荷を促す。
繁殖用の雌牛は県内外に移動先を探す。
乳牛は体力的に長距離の移動に耐えられず、牧草の放射能汚染も広範囲に広がる見込みのため、大半を殺処分し、食肉に回す

農水省は、主に繁殖用雌牛が対象となる移動について、全都道府県に受け入れの可否を打診。
畜産地帯の北海道や鹿児島県を始め、
東京都や大阪府なども含めて24都道府県が可能と返答した。公営牧場が中心だった。
受け入れの条件は買い取りや預託など様々だが、総計で1万頭を超えたという。
今月末までの避難は困難とする飯舘村などは、
理由の一つに牛の処置が決まらないことを挙げてきたが、
農水省は各都道府県の受け入れ条件を紹介し、早期の避難実現につなげたい考えだ。
ただ農家ごとに希望する受け入れ条件は異なるうえ、
距離的に近い地域に人気が集中するとみられ、移動先がまとまるかは不透明だ。

農水省は、
人の基準と同じ10万カウント(cpm)を超える放射線量の家畜は移動させない方針だ。
牛の出荷や移動を前に福島県は6日、同区域内の牛の検査結果を公表。
調べた770頭のうち1万cpmを超えた牛はいなかった。
農水省は、同区域の鶏は出荷や移動が困難とみている。

また、緊急時避難準備区域にも
牛約7500頭、
豚約1万3千頭、
鶏約107万9千羽がいたが、
処置の検討は計画的避難区域が優先されている。

一方、福島第一原発から半径20キロ以内の警戒区域内にいた
牛約3500頭、
豚約3万頭、
鶏約67万5千羽は事実上、放置されている。(大谷聡)

この記事をご覧になって、次の記事へ↓

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。