福島市内の雑草から、1キログラム当たり100万ベクレルを超える高い放射能が検出

県、高放射能データ公表せず
3月、福島市などで検出
2011年6月5日 
 東京電力福島第一原子力発電所で最初に水素爆発があった3日後、
原発から約50キロ離れた福島市内の雑草から、

1キログラム当たり100万ベクレルを超える高い放射能が検出

されていたことが分かった。
福島県は政府に連絡したが、
公表されたのは、
翌日に別の場所で測った6千分の1ほど低いデータだけだった。

県は「意図的に公表しなかったわけではない」としている。

  県は3月15~16日に第一原発から福島市までの国道沿いや、
福島市の県原子力センター福島支所など5地点で、
雑草や水道水(上水)、雨水を採取し、放射能を測った。 
 その結果、5地点から採った計七つの試料のうち、

ヨウ素が10万ベクレルを超えたのは五つに上った。

川俣町の国道114号と349号の交差点付近の雑草からは、

放射性ヨウ素が1キロ当たり123万ベクレル、

放射性セシウムが10万9千ベクレル。

福島市の国道114号付近の雑草からは

ヨウ素が119万ベクレル、

セシウムが16万9千ベクレル検出された。 

 しかし、県が当時公表したのは、
同支所の水道水から出た放射性ヨウ素の177ベクレル、
放射性セシウムの33ベクレルだけだった。

公表を限定した理由について、
県は「数値の高低ではなく、直接体内に入る可能性があるため、
上水を優先した。
それ以外は政府で発表すると思っていた」としている。 

 政府の現地対策本部によると、
測定結果は、
県から報告を受けた同本部がファクスで
経済産業省の原子力安全・保安院に連絡している。

3月16日以降の周辺モニタリング結果は、
文部科学省が一括して発表する段取りだった。
このため、15~16日のデータの発表を
県と文部科学省のどちらがするのか、
あいまいになっていた可能性があるという。

コメント

このブログの人気の投稿

米軍はほんとうのところ、「トモダチ作戦」でなにをしたのか

孤立する日本。 FUKUSHIMAよ立ち上がれ! 海外メディアは、”真実”を配信してくれている!

脳の放射線耐性と副作用 年齢と照射の範囲によって決まり,とても複雑です。例えば,全脳に40グレイという線量をかけるとします。これは成人では許される量かも知れません。 しかし,4歳の子供にこの線量を当ててしまえば知能の発達は期待できなくなります。逆に75歳の高齢者にこの量を当てればかなり高率に認知症(痴呆)になります。白質脳症というのが起こるのです。